[事例ニュース]

北越銀行、スマホでQRコードを読むだけでATMから入出金、NTTデータが提供

2018年5月24日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2018年5月24日、キャッシュカードを必要とせず、スマートフォンでQRコードを撮影するだけでATM(現金自動預け払い機)による入出金ができる機能を、北越銀行(新潟県長岡市)が2018年5月28日から提供すると発表した。北越銀行アプリの利用者は、セブン銀行のATMで同日から利用できる。

 QRコードによる入出金機能は、金融機関向けスマートフォンアプリ「My Pallete」の追加機能として提供したものである。全国に2万4000台以上あるセブン銀行のATMにおいて、画面に表示されたQRコードを撮影することで入出金の取引ができる。金融機関の利用者は、キャッシュカードを使わずにスマートフォンだけでATMを利用できる。

図1●QRコードでATMから入出金する機能の利用イメージ(出所:NTTデータ)図1●QRコードでATMから入出金する機能の利用イメージ(出所:NTTデータ)
拡大画像表示

 北越銀行は、同機能の第1号ユーザーである。北越銀行アプリの利用者は、アプリ上でATM取引を行うための利用登録(初回のみ)を行うだけで、利用を開始できる。利用者はATMに表示されるQRコードをスマートフォンで撮影し、アプリに表示された番号をATMに入力することで、ATMでの入出金を行える。

 スマートフォンは、QRコードを読み取れる端末であれば、AndroidでもiOS端末でも、どちらでも利用できる。

 NTTデータは今後、本機能を各金融機関の自行ATMにおいても提供する。また、銀行のキャッシュカードだけでなく、証券や保険で発行するカードのカードレス化も視野に入れる。

関連記事

北越銀行、スマホでQRコードを読むだけでATMから入出金、NTTデータが提供NTTデータは2018年5月24日、キャッシュカードを必要とせず、スマートフォンでQRコードを撮影するだけでATM(現金自動預け払い機)による入出金ができる機能を、北越銀行(新潟県長岡市)が2018年5月28日から提供すると発表した。北越銀行アプリの利用者は、セブン銀行のATMで同日から利用できる。

PAGE TOP