開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

TIS、月額定額のRPAソフト、月額60万円からでロボットを無制限に作成可能

2018年5月28日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TISは2018年5月28日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトを月額定額制で提供するサービス「RPA Smart(アールピーエー・スマート)」を発表した。定額制のため、定型業務を代行するロボットを無制限に作成できる。RPAの導入から本番運用までワンストップで支援する。価格(税別)は、月額60万円から。

図1●ロボットをノンプログラミングで作成している様子(出所:TIS)図1●ロボットをノンプログラミングで作成している様子(出所:TIS)
拡大画像表示

 最大の特徴は、どれだけロボットを作成しても月額のライセンス費用が変わらない定額制を採用していることである。自動化する対象業務を絞らず、試行錯誤を繰り返しながら試験的に導入していき、状況に応じて適応領域を広げる、といった導入がとれる。

 ロボットはノンプログラミングで作成できるため、導入先の部門にプログラミングの知識がない場合でも、内製でRPAソフトを導入・運用・保守できるとしている。TISは、これを支援する体制として、RPA定着に向けた教育コンテンツとサポートサービスを提供している。RPAソフトには、RPAテクノロジーズの「BizRobo!(ビズロボ)」を採用した。

 対象となる業務の例は、以下の通り。Webシステムにマスターを登録する業務、リストに記載されている対象者にメールを送信する業務、複数のシステムからデータをダウンロードして分析・加工しレポートを作成する業務、ソフトウェアの更新チェックや勤怠入力のチェック業務、売上・受注遅延などの監視業務、などである。

 価格は以下の通り。RPA Smart月額利用サービスは、1ライセンスあたり月額60万円から(1年間の契約が前提)。SIサービスを含んだPoCサービスは150万円からで、1業務を想定し、1カ月間の試験利用、業務内容の精査やロボットの作成、効果測定などで構成する。導入前のコンサルティング、本番導入支援、導入後のサポートなどは要件に応じて個別見積もり。

関連キーワード

RPA

関連記事

TIS、月額定額のRPAソフト、月額60万円からでロボットを無制限に作成可能TISは2018年5月28日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトを月額定額制で提供するサービス「RPA Smart(アールピーエー・スマート)」を発表した。定額制のため、定型業務を代行するロボットを無制限に作成できる。RPAの導入から本番運用までワンストップで支援する。価格(税別)は、月額60万円から。

PAGE TOP