[事例ニュース]

カブドットコム証券、パッチ適用前テストにOracle Database Cloud採用で工数を75%削減

2018年5月29日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本オラクルとアシストは2018年5月29日、カブドットコム証券が、株式の発注基盤システムのデータベースに対するパッチ適用前テストの環境として「Oracle Database Cloud」を導入したと発表した。テストの自動化によってテスト工数を従来比75%削減したという。カブドットコム証券は今後、同環境をパッチ適用前テストの社内標準にする方針である。

 カブドットコム証券は、2014年11月から現行の株式発注基盤システム「RAIDEN」を稼働させている。データベース管理システムにOracle Databaseを採用しているが、データベースへのパッチの適用や更新の作業を迅速化することや、パッチを事前に検証する環境の準備、テストの効率化などが課題となっていた。

 過去に別のシステムにパッチを適用した際には、実行計画の変化などを手作業で確認したため、全てのSQLを検証することができず、テストの網羅性に課題があった。また、工数も約1人月かかっており、データベース管理者の業務の大きな負荷になっていた。

 今回、パッチを適用するにあたり、検証用環境として、本番環境のOracle Databaseと同等の機能をクラウドで提供するOracle Database Cloudを採用した。また、Oracle Database Cloudに含まれる機能で、パッチ適用前後のSQL非互換や性能テストを自動化できる「Oracle Real Application Testing」を採用した。

 この結果、本番適用前のテスト環境を迅速に構築できたほか、約1万3000件におよぶSQLの非互換や性能テストにかかる工数を、約40時間で完了した。従来比でテスト工数が75%削減できたとしている。また、本番環境のほぼ全てのSQLをテストできたため、テストの網羅性も向上した。

関連記事

カブドットコム証券、パッチ適用前テストにOracle Database Cloud採用で工数を75%削減日本オラクルとアシストは2018年5月29日、カブドットコム証券が、株式の発注基盤システムのデータベースに対するパッチ適用前テストの環境として「Oracle Database Cloud」を導入したと発表した。テストの自動化によってテスト工数を従来比75%削減したという。カブドットコム証券は今後、同環境をパッチ適用前テストの社内標準にする方針である。

PAGE TOP