[新製品・サービス]

オフコン「IBM i」でインターネットEDI、ネオアクシスがJX手順のクライアントソフトを販売

2018年5月31日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TISインテックグループのネオアクシスは2018年5月31日、日本IBMのオフコンOS「IBM i」(ハードウェアは「Power Systems」)で稼働するインターネットEDIソフト「Toolbox JXクライアント」を発表、同日提供を開始した。価格(税別)はCPUのグレードによって異なり、22万円から。販売目標は、5年間で300本。パイロットユーザーとして山形丸魚(生鮮水産物や加工品などの卸売業)が2018年4月に先行導入している。

 Toolbox JXクライアントは、オフコンのIBM i上で動作するインターネットEDI(電子データ交換)ソフトである。INSネット(ISDN回線)でレガシー手順(JCA手順や全銀TCP/IP手順など)を使っているユーザーは、Toolbox JXクライアントを導入することによってインターネットEDIに移行できる。背景には、2024年1月にINSネットのサービスが終了するという状況がある。

 Toolbox JXクライアントは、流通システム開発センターがSOAP-RPCをベースに規定した日本国内仕様のEDIプロトコル「JX手順」のクライアントソフトである。JX手順の最大の特徴は、クライアント(卸業者など)からサーバー(小売店など)に対して定期的に情報を取得しにいく“PULL型”のモデルを採用している点である。JXクライアントだけでEDIに参加できるため、小規模な卸業者でも導入しやすい。

図1●Toolbox JXクライアントの概要(出所:ネオアクシス)図1●Toolbox JXクライアントの概要(出所:ネオアクシス)
拡大画像表示
関連キーワード

EDI

関連記事

Special

-PR-

オフコン「IBM i」でインターネットEDI、ネオアクシスがJX手順のクライアントソフトを販売TISインテックグループのネオアクシスは2018年5月31日、日本IBMのオフコンOS「IBM i」(ハードウェアは「Power Systems」)で稼働するインターネットEDIソフト「Toolbox JXクライアント」を発表、同日提供を開始した。価格(税別)はCPUのグレードによって異なり、22万円から。販売目標は、5年間で300本。パイロットユーザーとして山形丸魚(生鮮水産物や加工品などの卸売業)が2018年4月に先行導入している。

PAGE TOP