システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[事例ニュース]

日立とアマダ、工場向けIoTシステムで協業、両社製品を連携、第1弾はアマダ富士宮工場

2018年6月4日(月)IT Leaders編集部

日立製作所は2018年6月1日、工場へのIoTの適用でアマダと協力したと発表した。第1弾として、アマダの富士宮工場で、日立のIoT基盤「Lumada」を用いた活用モデルを順次構築する。その後、富士宮工場以外の国内外の工場への適用拡大を目指す。

 アマダと日立製作所は今回、板金加工機械を製造するアマダの主力生産拠点である富士宮工場で、IoTを活用して生産からバリューチェーン全体の最適化に向けた協力を開始した。

 具体的には、日立の「Lumada」とアマダの「V-factory」を連携させて、効率の高い生産モデルを導入するとともに、製造現場のKPIを一元的に見える化する製造ダッシュボードを構築する。さらに、国内外のサプライヤと生産情報を連携させるなど、バリューチェーン全体の最適化を目指す。

 日立製作所では、今回の協業を通じて得た成果をIoT基盤「Lumada」の産業分野向け製品に取り込み、製造業向けに事業展開を図る。日立グループとアマダの協業の例として、2017年9月に日立産機システムがアマダの土岐事業所にIoTシステムを構築した実績がある。

 アマダは、中期経営計画の施策として、顧客向けに提供している同社のIoT製品「V-factory」の強化・拡大に取り組んでいる。一方、日立は、自ら製造業として培ってきた経験やノウハウを基にIoT基盤「Lumada」などを活用し、SIサービスを提供してきた。

関連記事

日立とアマダ、工場向けIoTシステムで協業、両社製品を連携、第1弾はアマダ富士宮工場日立製作所は2018年6月1日、工場へのIoTの適用でアマダと協力したと発表した。第1弾として、アマダの富士宮工場で、日立のIoT基盤「Lumada」を用いた活用モデルを順次構築する。その後、富士宮工場以外の国内外の工場への適用拡大を目指す。

PAGE TOP