[新製品・サービス]

トレンドマイクロ、NFV環境向けに仮想アプライアンス型のセキュリティ機能群を製品化

2018年6月4日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

トレンドマイクロは2018年6月4日、サーバー仮想化環境で動作する仮想アプライアンス型のネットワークセキュリティ機器群「Trend Micro Virtual Network Function Suite」を発表した。クラウド事業者や通信事業者に向けて提供する。2018年8月下旬から提供する。価格は個別見積もり。

 Trend Micro Virtual Network Function Suiteは、NFV(仮想アプライアンス型のネットワーク機器)の環境に対してネットワークセキュリティ機能を追加するための、仮想アプライアンス型のセキュリティ機器群である。NFVと同様に、サーバー仮想化環境で動作する。侵入防御(IDS/IPS)やWeb脅威対策、異常通信検知など、用途に合わせて複数の機能モジュールを用意した。

図1●Trend Micro Virtual Network Function Suiteの提供イメージ(出所:トレンドマイクロ)図1●Trend Micro Virtual Network Function Suiteの提供イメージ(出所:トレンドマイクロ)
拡大画像表示

 主に、クラウド事業者や通信事業者向けに提供する。クラウド事業者や通信事業者は、Trend Micro Virtual Network Function Suiteを利用することによって、適切なセキュリティ機能を、必要な時に必要なだけ、動的に顧客に提供できるようになる。

 利用できる機能群は、以下の通り。

 
機能 概要
侵入防御 侵入防止/検知システム(IPS/IDS)により、脆弱性を狙った通信を検知/防止する
Web脅威対策 不正Webサイトへのアクセスをブロックすることにより、不正プログラムの感染、フィッシング詐欺サイトへのアクセスを防止する。また、改ざんされた正規Webサイトへのアクセスも防止する
アプリケーション制御 利用を許可するアプリケーションを許可リストにあらかじめ登録しておくことで、許可されていないアプリケーション通信をネットワーク上でブロックすることにより利用を防止する
異常通信検知 大量パケットを送信するFlood系通信やスキャン通信など、不正が疑われる異常通信を検知/防止する
デバイス特定 通信トラフィックを送受信しているデバイスの種別/OSなどを特定する
IoT脅威対策 IoTに特化したレピュテーションサービスと連携し、通信先が危険性のあるIoTデバイスに該当した場合、そのデバイスとの通信を防止する。
ネットワーク利用制限 インターネットなど、ネットワークへのアクセスが可能な時間帯を制限する
関連記事

Special

-PR-

トレンドマイクロ、NFV環境向けに仮想アプライアンス型のセキュリティ機能群を製品化トレンドマイクロは2018年6月4日、サーバー仮想化環境で動作する仮想アプライアンス型のネットワークセキュリティ機器群「Trend Micro Virtual Network Function Suite」を発表した。クラウド事業者や通信事業者に向けて提供する。2018年8月下旬から提供する。価格は個別見積もり。

PAGE TOP