[新製品・サービス]

シスログ管理サーバーをHyper-V環境でも利用可能に、ジュピターテクノロジー

2018年6月4日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ジュピターテクノロジーは2018年6月4日、Syslogサーバー専用機「syslog-ng Store Box」(SSB)の新版「5 LTS」を発表、同日提供を開始した。新版では、仮想アプライアンスの稼働環境を広げ、VMware環境だけでなく、Hyper-V環境とAzure、AWS(Amazon Web Services)にも展開できるようにした。

図1●syslog-ng Store Boxの外観図1●syslog-ng Store Boxの外観
拡大画像表示

 syslog-ng Store Box(SSB)は、Syslogサーバー専用機である。Linux/UNIXサーバーやネットワーク機器などが出力するSyslogメッセージを受信し、これを管理する。受信したログの内容に応じて、ログファイルとして蓄積したり、管理者にメールしたり、といったアクションをとれる。

 開発会社はハンガリーのBalaBit IT Securityで、オープンソースのSyslogサーバーソフト「Syslog-ng」を開発元である。SSBは、Syslog-ngの上位エディションで企業向け製品である「Syslog-ng Premium Edition」をベースに、GUI管理画面などを追加してアプライアンス化した製品である。

 アプライアンスの提供形態として、物理PCサーバーと組み合わせたハードウェアアプライアンス版と、サーバー仮想化環境で動作する仮想アプライアンス版がある。今回の新版では、仮想アプライアンス版の稼働環境を広げた。これまではVMware環境で動作するものしかなかったが、新たにHyper-VとAzure、AWS環境で動作するものを用意した。

 新版ではまた、大規模環境のログ管理機能を強化した。具体的には、ログ保存先の仮想ディスクのサイズを拡張できるようにした。サイズ拡張後、仮想サーバーを再起動するだけで利用できる。また、リモートを含む他のSSBのログスペースにアクセスできるようにしたほか、複数のログスペースを統合して同一のインターフェースで検索/閲覧できるようにした。

 価格(税別)は、仮想アプライアンスが96万円、ハードウェアアプライアンスが442万円、など。

関連記事

シスログ管理サーバーをHyper-V環境でも利用可能に、ジュピターテクノロジージュピターテクノロジーは2018年6月4日、Syslogサーバー専用機「syslog-ng Store Box」(SSB)の新版「5 LTS」を発表、同日提供を開始した。新版では、仮想アプライアンスの稼働環境を広げ、VMware環境だけでなく、Hyper-V環境とAzure、AWS(Amazon Web Services)にも展開できるようにした。

PAGE TOP