アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

オカムラ、日本IBMと協業しAIを活用した議事録作成支援製品を提供

2018年6月7日(木)IT Leaders編集部

オカムラは2018年6月6日、日本IBMと協業し、AI技術の「IBM Watson」を活用した議事録作成支援製品である「TalkView」の提供を6月に開始すると発表した。働き方変革やコミュニケーション効率化を支援する。

 TalkViewは、PCのWebブラウザからIBMのクラウドを経由して利用可能な、音声認識サービス「IBM Watson」を活用した議事録作成支援製品である。最短1週間程度で導入が可能だ。オカムラが提供するオフィス家具と組み合わせて提案することで、会議におけるコミュニケーション効率化や働き方改革を支援する。

 9カ国語に対応し、IBMのクラウドを経由してアクセスすることで、会議での音声をリアルタイムにPCの画面上にキャプション表示できる。議事録作成の工数を削減できるほか、例えば複数の場所から参加者が発言する遠隔会議では、音声が聞けない状況でも会話の流れを追うことができ、途中参加でもそれまでの履歴を含む会議内容を表示可能で、参加者の利便性を向上できる。

 また、言語変換サービスを活用することでキャプション表示した内容を即時に11カ国語に自動翻訳することが可能で、海外とのコミュニケーション品質も向上でき

関連記事

オカムラ、日本IBMと協業しAIを活用した議事録作成支援製品を提供オカムラは2018年6月6日、日本IBMと協業し、AI技術の「IBM Watson」を活用した議事録作成支援製品である「TalkView」の提供を6月に開始すると発表した。働き方変革やコミュニケーション効率化を支援する。

PAGE TOP