開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

COLSIS、多段階承認など企業向け拡張をセット化したCMS「Movable Type SmartSync Pack」

2018年6月8日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

COLSIS(コルシス)は2018年6月8日、WebサイトのCMS(コンテンツ管理システム)ソフト「Movable Type」に、多段階ワークフロー機能など企業が必要とするプラグイン機能群をパッケージ化した製品「Movable Type SmartSync Pack」を発表した。価格(税別)は、35万円。2018年7月に出荷する。

 Movable Type SmartSync Packは、企業が必要とする管理機能を備えた、WebサイトのCMS(コンテンツ管理システム)ソフトである。ベースとして、シックス・アパートのCMSソフトであるMovable Type 7を使う。これに、サードパーティ製のプラグインソフト群を組み合わせてパッケージ化した。

図1●ワークフロー(多段階+日時指定)機能の概要(出所:COLSIS)図1●ワークフロー(多段階+日時指定)機能の概要(出所:COLSIS)
拡大画像表示

 企業向けに5つのプラグイン機能を備えている。(1)「サーバー配信」(シックス・アパートのOEM)、(2)「ワークフロー(多段階+日時指定)」(小粋空間の「Workflowプラグイン」)、(3)「管理画面カスタマイズ」(bitpartの「MTAppjQuery」)、(4)「CSVインポート・エクスポート」(小粋空間の「Workflowプラグイン」)、(5)「ファイルアップロード拡張」(エムロジックの「UploadDirプラグイン」)、―である。

 (1)サーバー配信機能を使うと、Movable Typeをインストールしたサーバーとは別に、コンテンツ公開サーバー(Webサイト)を運用できる。公開サーバーにMovable Typeをインストールする必要がないため、セキュリティに配慮したサーバー構成をとれる。コンテンツ配信プロトコルはFTP/FTPSまたはrsync。

 (2)ワークフロー(多段階+日時指定)機能は、Movable Type内のページや記事に対する承認ワークフロー機能である。記事やページを投稿した後に、承認用のプレビューを表示し、承認や差し戻しを選択する。特徴は、執筆者、承認者、上長という多段階の承認フローを設定できること。Webサイトごとにワークフローのレベルを使い分けられる。公開後の修正に対する承認処理もできる。

関連記事

Special

-PR-

COLSIS、多段階承認など企業向け拡張をセット化したCMS「Movable Type SmartSync Pack」COLSIS(コルシス)は2018年6月8日、WebサイトのCMS(コンテンツ管理システム)ソフト「Movable Type」に、多段階ワークフロー機能など企業が必要とするプラグイン機能群をパッケージ化した製品「Movable Type SmartSync Pack」を発表した。価格(税別)は、35万円。2018年7月に出荷する。

PAGE TOP