[新製品・サービス]

NTT Com、100GbEのソフトウェアルーター、全経路をCPUキャッシュに搭載

2018年6月11日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2018年6月11日、汎用PCサーバーの上で動作するソフトウェアルーターでありながら100GbE(100Gビット/秒)クラスの高速通信ができるソフト「Kamuee」(カムイー)を開発したと発表した。全経路情報をCPUキャッシュに載せることで経路検索を高速化した。Interop Tokyo 2018に出展する。

 Kamuee(カムイー)は、汎用のPCサーバーで動作するソフトウェア型のルーター機能でありながら、ルーターの経路検索の処理を高速化することによって、100GbEクラスの高速通信ができるようにしたソフトである。多数の経路情報を持った大容量通信において、PCサーバーが搭載する普通のCPUを使って、ルーター専用機と同等以上の性能が出せるとしている。

写真1●Interop Tokyo 2018で展示する「Kamuee」(出所:NTTコミュニケーションズ)写真1●Interop Tokyo 2018で展示する「Kamuee」(出所:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 経路検索の処理を高速化する技術として、東京大学と共同で開発した「Poptrie」(ポップトライ)を活用する。Poptrieを使うと、全経路情報をCPUキャッシュに載せることができるようになるとしている。まず、経路情報の検索に必要となる処理を軽減し、さらに経路検索処理に必要なメモリーを圧縮するという。

 全経路情報がCPUキャッシュに載ることにより、経路検索時にCPUがメモリーを参照する回数が減る。これにより、従来の方式と比べて高速に経路を検索できるようになる。

 Kamueeではさらに、独自の処理によってパケット転送を高速化した。米Intelが開発した、パケット処理を高速化させるSDKである「Intel DPDK」(データプレーン開発キット)を使って開発している。

関連キーワード

NFV

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、100GbEのソフトウェアルーター、全経路をCPUキャッシュに搭載NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2018年6月11日、汎用PCサーバーの上で動作するソフトウェアルーターでありながら100GbE(100Gビット/秒)クラスの高速通信ができるソフト「Kamuee」(カムイー)を開発したと発表した。全経路情報をCPUキャッシュに載せることで経路検索を高速化した。Interop Tokyo 2018に出展する。

PAGE TOP