[新製品・サービス]

NEC、リストバンドの心拍変動データから喜怒哀楽を可視化するサービス

2018年6月11日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年6月11日、リストバンド型のウェラブルデバイスを用い、心拍の変動データなどから感情を可視化するサービス「NEC感情分析ソリューション」を発表した。2018年度下期に販売開始する。社員の感情疲労や心理的負荷を把握し、情動の変化に応じて適切な対応を早期に取れるようになる。

画面1●専用アプリケーションの画面イメージ(出所:NEC)画面1●専用アプリケーションの画面イメージ(出所:NEC)
拡大画像表示

 リストバンド型のデバイスと、感情認識技術を実装したクラウド型の分析基盤を組み合わせた。これにより、社員の心拍数の変動データをリアルタイムに収集して分析する。「興奮・喜び」、「ストレス・イライラ」、「憂鬱・疲労」、「穏やか・リラックス」の4つの感情を可視化する。

 専用アプリケーションの画面上で、現在の感情や、1日の感情履歴などが分かる。データ連携のためのAPIも提供し、勤怠管理や業務支援、健康管理などの様々な他社サービスからアクセスできる。

 心拍変動データから感情を可視化する技術は、NECと名古屋市立大学が共同で開発を進めているものである。収集・蓄積した心拍変動データなどから対象者の交換神経と副交感神経のバランスを分析する仕組みである。

 ウェアラブルデバイスとして、リストバンド型のウェアラブルデバイス「Silmee W20」(TDK)を採用した。Silmee W20は、心拍変動データに加えて、会話量、紫外線量、皮膚温度、食事時間、などを測定できる。バッテリーは2週間連続で使えるとしている。

 価格(税別)は、対象となる社員1人あたり月額1000円から。初期費用とウェアラブル端末の費用は別途必要。販売目標は、今後3年間で90億円。

関連記事

NEC、リストバンドの心拍変動データから喜怒哀楽を可視化するサービスNECは2018年6月11日、リストバンド型のウェラブルデバイスを用い、心拍の変動データなどから感情を可視化するサービス「NEC感情分析ソリューション」を発表した。2018年度下期に販売開始する。社員の感情疲労や心理的負荷を把握し、情動の変化に応じて適切な対応を早期に取れるようになる。

PAGE TOP