[新製品・サービス]

マクニカ、SD-WAN「Unity EdgeConnect」を販売、SaaSをIPアドレスで識別

2018年6月12日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

マクニカネットワークスは2018年6月12日、SD-WAN製品「Unity EdgeConnect(ユニティエッジコネクト)」を発表、同日提供を開始した。アプリケーションごとに経路を制御する際に、パケットを1つ見るだけでアプリケーションの種類を識別できるとしている。開発会社は、米Silver Peak Systems。

 Unity EdgeConnectは、SD-WAN製品である。遠隔拠点に設置したエッジルーター機器の設定を、リモートから一元集中管理できる。エッジルーター機器は、物理アプライアンスのほか、仮想サーバー環境で動作する仮想アプライアンスを用意している。

 SD-WAN環境における典型的なネットワークの使い方が、アプリケーションの種類に応じてネットワークのアクセス経路を制御することである。通常の通信は本社のデータセンターを介してアクセスし、通信負荷の重い特定のSaaS型アプリケーションについては遠隔拠点からインターネットに直接出ていかせる、といった使い分けをする。

図1●Unity EdgeConnectの概要(出所:マクニカネットワークス)図1●Unity EdgeConnectの概要(出所:マクニカネットワークス)
拡大画像表示

 Unity EdgeConnectの特徴は、同社が「First Packet iQ」と呼ぶ、アプリケーションの種類を識別する機能である。従来方式(パケットの中身を見てアプリケーションを識別する方式)と異なり、最初のパケットだけで正確に識別できるとしている。これにより、アプリケーションのセッションが確立する前に、特定のアプリケーションをインターネットに直接出ていかせられる。

 First Packet iQ機能を支える技術の1つに「Cloud Intelligence」技術がある。Office 365、Salesforce.com、Workday、BoxなどのSaaSアプリケーションのIPアドレス情報を機械学習を用いてクラウド上で常に更新し、最新の状態にデータベースを維持する技術である。現時点で1万件以上のアプリケーションと3億件以上のWebドメインを識別できるという。

関連キーワード

SD-WAN

関連記事

マクニカ、SD-WAN「Unity EdgeConnect」を販売、SaaSをIPアドレスで識別マクニカネットワークスは2018年6月12日、SD-WAN製品「Unity EdgeConnect(ユニティエッジコネクト)」を発表、同日提供を開始した。アプリケーションごとに経路を制御する際に、パケットを1つ見るだけでアプリケーションの種類を識別できるとしている。開発会社は、米Silver Peak Systems。

PAGE TOP