[新製品・サービス]

日立システムズがAzure Stackの導入・運用サービス、日立システムズのDCも利用可

2018年6月13日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立システムズは2018年6月13日、Microsoft Azureの機能をオンプレミスで実現するソフト「Azure Stack」の導入から監視・運用、保守までをトータルに支援するサービス「Azure Stack導入・運用サービス」を発表、同日販売を開始した。中堅から大規模企業向けにAzure関連サービスを拡販し、今後5年間で累計20億円の販売を目指す。

 Azure Stackは、クラウドサービスであるMicrosoft Azureの主要機能を、オンプレミス環境に導入可能なアプライアンス製品である。Microsoft Azureと組み合わせることによって、一貫性のある機能と操作性でハイブリッドクラウドを運用できる。

図1●Azure Stack導入・運用サービスの概要(出所:日立システムズ)図1●Azure Stack導入・運用サービスの概要(出所:日立システムズ)
拡大画像表示

 日立システムズは従来、Microsoft Azureの安定運用を支援するリモート監視・運用などの関連サービスを提供してきた。今回のAzure Stack導入・運用サービスにより、Microsoft AzureとAzure Stackのハイブリッドクラウド環境を対象に運用サービスを提供できるようになった。

 サービスモデルやAzure Stackの設置場所などに応じて、3つのメニューを用意した。まず、サービスモデルは、アプライアンスを買い取り型で利用する「SI型(機器売切り)」と、月額制で利用する「マネージドサービス型」の2種類を用意した。SI型(機器売切り)の場合、ユーザーが指定した場所に導入する。マネージドサービス型では、ユーザーが指定した場所に導入する方法と、日立システムズのデータセンターに設置する方法を選べる。

 価格(税別)は、SI型(機器売切り)が個別見積もり。マネージドサービス型の月額費用は、日立システムズのデータセンターを利用する場合が約264万円からで、ユーザーが指定した場所に設置する場合が約134万円から。

Azure Stack導入・運用サービスのメニュー
サービスモデル 設置場所 サービス概要 価格(税抜)
マネージドサービス型 日立システムズのデータセンター
  • 日立システムズのデータセンターにAzure Stack環境およびネットワーク機器を構築
  • 日立システムズにて監視・運用・保守までワンストップでサポート
  • Azureの月額ライセンスを提供
月額約264万円から(初期費用は個別見積もり)
ユーザーの拠点(指定した場所)
  • ユーザーの拠点(指定した場所)にAzure Stack環境を構築
  • 日立システムズにて監視・保守をサポート
  • Azure月額ライセンスを提供
月額約134万円から(初期費用は個別見積もり)
SI型(機器売切り) ユーザーの拠点(指定した場所)
  • ユーザーの拠点(指定した場所)にAzure Stack環境を構築
個別見積もり
関連記事

日立システムズがAzure Stackの導入・運用サービス、日立システムズのDCも利用可日立システムズは2018年6月13日、Microsoft Azureの機能をオンプレミスで実現するソフト「Azure Stack」の導入から監視・運用、保守までをトータルに支援するサービス「Azure Stack導入・運用サービス」を発表、同日販売を開始した。中堅から大規模企業向けにAzure関連サービスを拡販し、今後5年間で累計20億円の販売を目指す。

PAGE TOP