アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

セコム、勤務シフト表をAIが自動作成するサービス、欠員を埋める候補もレコメンド

2018年6月19日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

セコムトラストシステムズは2018年6月18日、飲食チェーンを展開する吉野家、およびAIベンチャーのエクサウィザーズと共同で、AIを使って勤務シフト表を自動作成するサービス「セコムかんたんシフトスケジュール」を開発したと発表した。2018年9月から販売を開始する。

 本サービスではまず、スタッフの希望に基付き、AIが勤務シフトを自動で作成する。次に、欠員箇所には、行動心理学や、これまでの実績を踏まえ、最適な候補者をAIがリコメンドするという。勤務シフトの作成や調整に要する手間を削減するほか、スタッフの負担を軽減できるとしている。

図1●セコムかんたんシフトスケジュールの概要(出所:セコムトラストシステムズ)図1●セコムかんたんシフトスケジュールの概要(出所:セコムトラストシステムズ)
拡大画像表示

 スタッフは、勤務希望をパソコンやタブレット、スマートフォンから登録できる。また、登録した内容や勤務シフト表、欠員箇所をいつでも確認できる。欠員が出た日にちや店舗、時間帯など、欠員箇所も簡単に把握できる、スタッフは、欠員箇所の応援募集にスマートフォンなどから応募できる。

 特徴の1つは、欠員箇所を埋める候補者をリコメンドする機能を備えることである。行動心理学に基付いて開発したアンケートを事前に実施し、スタッフ一人ひとりの特徴(性格や志向)を分析する。エクサウィザーズが開発したAIが、スタッフの特徴、勤務状況、応援実績を元に、補充候補のスタッフを抽出し、スタッフの特徴に応じた最適な依頼要領のアドバイスとともに管理者に示す。

関連記事

Special

-PR-

セコム、勤務シフト表をAIが自動作成するサービス、欠員を埋める候補もレコメンドセコムトラストシステムズは2018年6月18日、飲食チェーンを展開する吉野家、およびAIベンチャーのエクサウィザーズと共同で、AIを使って勤務シフト表を自動作成するサービス「セコムかんたんシフトスケジュール」を開発したと発表した。2018年9月から販売を開始する。

PAGE TOP