[事例ニュース]

日立、データサイエンティストを2021年度までに3000人に増強

2018年6月21日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所は2018年6月21日、日立グループ全体で、データサイエンティストの数を、現在の700人から2021年度までに3000人にすると発表した。データサイエンティスト育成のため、スキル要件と育成プログラムを整備するとともに、トップクラスの研究者や各分野の実務者が相互に研さんする「プロフェッショナル・コミュニティ」を立ち上げる。

 データサイエンティスト育成のため、スキル要件と育成プログラムを整備する。スキル要件としては、一般社団法人データサイエンティスト協会の定義をベースに、OT分野におけるスキル要件や、高度なAI技術を担うトップクラスの研究者のスキル要件を追加する。

 育成の仕組みとして、従来の研修やOJTなどの育成プログラムに加えて、日立グループ内にプロフェッショナル・コミュニティを立ち上げる。コミュニティでは、AIなどの先進技術や事例、ノウハウを共有する。さらに、課題に対する解決手法に関するディスカッションを促進する。

 プロフェッショナル・コミュニティでは、データサイエンティストが直面するさまざまな課題に対して、AI技術を持つ国内外の研究者や、OTとITを組み合わせたシステム構築の経験をもつ実務者が、相互に情報提供やアドバイスをする。

関連記事

Special

-PR-

日立、データサイエンティストを2021年度までに3000人に増強日立製作所は2018年6月21日、日立グループ全体で、データサイエンティストの数を、現在の700人から2021年度までに3000人にすると発表した。データサイエンティスト育成のため、スキル要件と育成プログラムを整備するとともに、トップクラスの研究者や各分野の実務者が相互に研さんする「プロフェッショナル・コミュニティ」を立ち上げる。

PAGE TOP