システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[事例ニュース]

日本取引所グループがRPAの試験導入を完了、市場監視業務や申請業務を中心に適用

2018年6月25日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本IBMは2018年6月25日、日本取引所グループによるRPA(ロボットによる業務自動化)の導入を支援したと発表した。RPAソフトの導入、技術支援、ロボット開発におけるガバナンス体制の構築、ロボット開発の研修、などを支援したという。

 日本取引所グループは、2017年11月にRPAの試験導入を開始し、2018年4月1日には試験導入を終えて本格導入を開始した。現在は本格導入の最中であり、市場監視業務や各種申請業務を中心に、RPAを用いて業務プロセスの見直しやオペレーションの高度化に着手する。

 RPAを導入する背景には、市場運営者として、堅実かつ安定的に業務を運営する体制を維持しなければならないという状況がある。今回、日本取引所グループ全社で300を越える業務を棚卸しし、この中から自動化の対象業務を選んだ。

 日本IBMは、日本取引所グループに対して、RPAソフトの導入、技術支援、ロボット開発におけるガバナンス体制の構築、ロボット開発の研修、などを支援した。

関連キーワード

RPA

関連記事

日本取引所グループがRPAの試験導入を完了、市場監視業務や申請業務を中心に適用日本IBMは2018年6月25日、日本取引所グループによるRPA(ロボットによる業務自動化)の導入を支援したと発表した。RPAソフトの導入、技術支援、ロボット開発におけるガバナンス体制の構築、ロボット開発の研修、などを支援したという。

PAGE TOP