アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

非定型の帳票をAIでOCR読み取りするソフト、日立情報通信エンジニアリングが販売

2018年6月26日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立情報通信エンジニアリングは2018年6月26日、企業の出納業務における非定型の請求書をAIを活用してOCR(光学文字読み取り)でデータ化するソフト「AI活用帳票入力ソフトウェア」を発表した。2018年7月2日から販売する。本技術を取り入れたRPA(ロボットによる業務自動化)システムを日立グループの出納業務に試験的に運用した結果、帳票の70%を自動で処理できたという。

 AI活用帳票入力ソフトウェアは、非定型の請求書をOCRで読み取ってデータ入力を自動化するためのソフトである。紙や画像の請求書から「会社名」や「請求金額」などを自動で認識してデータ化する。さらに、認識した文字の確信度(確からしさ)を数値化し、確信度の高いものは、申請データとの照合まで自動化する。

図1●帳票入力業務に「AI活用帳票入力ソフトウェア」を適用したフロー図(出所:日立情報通信エンジニアリング)図1●帳票入力業務に「AI活用帳票入力ソフトウェア」を適用したフロー図(出所:日立情報通信エンジニアリング)
拡大画像表示

 AIを活用したことによって、請求書の様式(項目や位置)が異なっていても、様式を事前に登録することなく利用できる。導入初期は確信度が低くて人手で確認・修正を行うことが多くても、学習を重ねることで確信度が向上し、人手作業が減るとしている。

 試験運用の実績として、AI活用帳票入力ソフトウェアを取り入れたRPAシステムを日立グループの出納業務に試験的に運用した結果、帳票の70%を自動で処理できたとしている。

 AI活用帳票入力ソフトウェアの価格(税別)は、年間契約の場合、年間に読み取る帳票が6万枚あたり年額120万円。月間契約の場合、月間に読み取る帳票が5000枚あたり月額60万円。試用ライセンス(1カ月限定)は、帳票1000枚までで月額19万8000円。

関連キーワード

OCR / AI

関連記事

Special

-PR-

非定型の帳票をAIでOCR読み取りするソフト、日立情報通信エンジニアリングが販売日立情報通信エンジニアリングは2018年6月26日、企業の出納業務における非定型の請求書をAIを活用してOCR(光学文字読み取り)でデータ化するソフト「AI活用帳票入力ソフトウェア」を発表した。2018年7月2日から販売する。本技術を取り入れたRPA(ロボットによる業務自動化)システムを日立グループの出納業務に試験的に運用した結果、帳票の70%を自動で処理できたという。

PAGE TOP