開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

RPAソフト「WinActor」の管理サーバーをクラウドで提供、NTT-ATが2018年秋に開始

2018年6月27日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は2018年6月27日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「WinActor」をクラウド上で集中管理できる、SaaS型の管理機能を2018年秋に提供すると発表した。個々のパソコンごとに独立してWinActorを操作することなく、クラウド上のサーバーから一元的に処理を実行できるようになる。価格は未定で、代理店経由で販売する。

 WinActorは、NTTアドバンステクノロジが開発した国産のRPAソフトである。WindowsアプリケーションやWebアプリケーションで行うさまざまな操作を「シナリオ」として記録し、これを人間に代わって自動で実行する。既存システムに手を加えることなく、これまで人手で行ってきた定型的な繰り返し作業やデータの投入作業などを自動化できる。

図1●SaaS型管理機能の概念図(出所:NTTアドバンステクノロジ)図1●SaaS型管理機能の概念図(出所:NTTアドバンステクノロジ)
拡大画像表示

 WinActorの特徴の1つは、個々のパソコン上でスタンドアロン型で動作することである。日々の業務を自動化したい業務部門のエンドユーザーが自身のパソコンにインストールして使う、といった使い方ができる。このため、多数の処理を自動化するなど、複数のロボットを起動させるケースでは、個々のパソコンごとにWinActorを操作する必要がある。

 これに対して今回開発したクラウドサービスは、個々のパソコンにインストールしたWinActorを一元的に管理する管理サーバー機能をSaaS型のクラウドサービスとして提供する。クラウド上のダッシュボードから個々のパソコンのWinActorを集中管理し、個々のWinActorにシナリオの実行を指示できる。処理を実行していないパソコンを検索してWinActorの実行を割り当てるといった運用ができる。

関連キーワード

RPA

関連記事

Special

-PR-

RPAソフト「WinActor」の管理サーバーをクラウドで提供、NTT-ATが2018年秋に開始NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は2018年6月27日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「WinActor」をクラウド上で集中管理できる、SaaS型の管理機能を2018年秋に提供すると発表した。個々のパソコンごとに独立してWinActorを操作することなく、クラウド上のサーバーから一元的に処理を実行できるようになる。価格は未定で、代理店経由で販売する。

PAGE TOP