[市場動向]

仮想環境での「SAP HANA」の可用性を9社で共同検証、CTCなど

2018年7月3日(火)IT Leaders編集部

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2018年7月2日、SAPジャパン、シスコシステムズ、ヴイエムウェア、EMCジャパン、サイオステクノロジー、Commvault Systems Japan、クニエ、SUSE Japan(ノベル)の8社と共同で、仮想環境におけるインメモリーデータベース「SAP HANA」の可用性の向上とDR(災害時復旧)、データバックアップに関する検証を実施したと発表した。

 SAP HANAは、データベースのトランザクション処理と分析処理を担うインメモリー型のミドルウェアである。今回の検証では、インメモリー型という特殊性に基付いて、仮想化環境でのSAP HANAの冗長化とDR構成、データのバックアップについてベストプラクティスを策定した。

 検証は、SAPジャパンの協同開発検証センター「CO-Innovation Lab Tokyo」で実施した。仮想環境として「SAP HANA on VMware vSphere 6.5」と、DR検証にCTCの基幹系特化型クラウド「CUVICmc2」を使用した。

 主な検証結果は以下の通り。

  1. SAP HANAの冗長化ついて、HAクラスタソフトとSAP HANA System Replicationを組み合せることで、高い可用性が得られることを確認した
  2. SAP HANAのクラウドベースのDRについて、復旧時間を短縮する場合はSAP HANA System Replication、コストを抑える場合は、ホットスタンバイのDRが可能なサードパーティ製バックアップソフトが適していることを確認した
  3. SAP HANAのデータバックアップについて、SAP HANA標準バックアップの機能が短時間でバックアップを取得できるという点、重複排除の機能を持つサードパーティ製バックアップソフトを使用すればバックアップデータの削減ができる点を確認した
関連記事

Special

-PR-

仮想環境での「SAP HANA」の可用性を9社で共同検証、CTCなど伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2018年7月2日、SAPジャパン、シスコシステムズ、ヴイエムウェア、EMCジャパン、サイオステクノロジー、Commvault Systems Japan、クニエ、SUSE Japan(ノベル)の8社と共同で、仮想環境におけるインメモリーデータベース「SAP HANA」の可用性の向上とDR(災害時復旧)、データバックアップに関する検証を実施したと発表した。

PAGE TOP