アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士ゼロックス、紙帳票のデータ読み取り/登録を自動化するクラウドサービスを開始

2018年7月5日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士ゼロックスは2018年7月5日、紙の帳票データを読み取ってデータベースに登録するといった帳票処理の業務を自動化するクラウドサービス「Smart Data Entry(スマートデータエントリー)」を発表、同日提供を開始した。価格(税別)は、月間2000ページまでの基本サービスが月額20万円で、初期導入時には富士ゼロックスのエンジニアによる環境構築(有償)が別途必要。

 Smart Data Entryは、紙の帳票データを読み取ってデータベースに登録するまでの帳票処理業務を効率化するクラウドサービスである。手書き帳票のデータ入力から情報抽出、確認・訂正、データ出力までを支援する。基幹システムへの入力作業や帳票データの仕分け作業の時間を低減できる。

図1●Smart Data Entry(スマートデータエントリー)の概要(出所:富士ゼロックス)図1●Smart Data Entry(スマートデータエントリー)の概要(出所:富士ゼロックス)

 手書き帳票から氏名や住所などを読み取る際には、富士ゼロックスの技術で、人間の脳による視覚情報処理を模倣した文字認識技術を用いる。単文字としても、つながりのある文字列としても、99.1%の認識率で読み取るとしている。

 システム連携機能にも注力した。業務システムに引き渡せるようにCSV(カンマ区切り形式)データを出力できる。これにより、後段の業務をRPA(ロボットによる業務自動化)ソフトで自動化するといった連携ができる。電子化した紙文書を一元管理できる電子文書ソフト「DocuWorks」とも連携する。

 背景には、帳票データの処理業務では、基幹システムへの入力作業や、入力した帳票データの仕分け作業において、ミスを防ぐため、目視による確認作業が必要になっているという状況がある。こうした帳票処理業務を自動化して効率化する需要が大きいという。

 富士ゼロックスはこれまで、データの入出力の自動化によって帳票処理業務のプロセスを効率化する既存ソフト「ApeosWare Record Link」を提供してきた。今回、クラウドサービスのSmart Data Entryを追加したことで、オンプレミス型のソフトウェアとクラウドサービスの両環境で帳票処理を自動化できるようにした。

関連記事

富士ゼロックス、紙帳票のデータ読み取り/登録を自動化するクラウドサービスを開始富士ゼロックスは2018年7月5日、紙の帳票データを読み取ってデータベースに登録するといった帳票処理の業務を自動化するクラウドサービス「Smart Data Entry(スマートデータエントリー)」を発表、同日提供を開始した。価格(税別)は、月間2000ページまでの基本サービスが月額20万円で、初期導入時には富士ゼロックスのエンジニアによる環境構築(有償)が別途必要。

PAGE TOP