[事例ニュース]

西日本鉄道、新グループ経理システムをERP「Biz∫会計」で構築

2018年7月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ九州は2018年7月9日、西日本鉄道が、新グループ経理システムをERP(統合基幹業務)パッケージソフト「Biz∫(ビズインテグラル)」で構築したと発表した。2018年4月からグループ10社で運用を開始した。今後は、国内グループ約60社の経理システムを共通化する予定である。

 西日本鉄道の新グループ経理システムは、NTTデータ・ビズインテグラルのERPパッケージソフト「Biz∫会計」を中核に配置したシステムである。カスタマイズを最小限に抑えて保守性を高めたという。

 基盤ミドルウエアには、NTTデータイントラマートの「intra-mart」を採用した。intra-martを介して、西日本鉄道本社の人事給与システムとの間でデータを連携させ、これまで紙ベースで運用していたグループ内の各種申請手続きを電子化した。

 西日本鉄道は今後、新グループ経理システムを約60社に展開する。グループ各社の業務システムをintra-martとBiz∫の基盤上に構築することで、操作性が高く運用保守が容易なシステムを構築するとしている。

 西日本鉄道が新グループ経理システムを構築した背景には、既存のグループ経理システムには運用保守面で課題を抱えていたという状況がある。カスタマイズをした結果、法改正などのパッチが適用できなくなったほか、システムのバージョンアップに追従できなくなったという。2016年7月にグループ経理システムの更改プロジェクトを発足している。

関連記事

西日本鉄道、新グループ経理システムをERP「Biz∫会計」で構築NTTデータ九州は2018年7月9日、西日本鉄道が、新グループ経理システムをERP(統合基幹業務)パッケージソフト「Biz∫(ビズインテグラル)」で構築したと発表した。2018年4月からグループ10社で運用を開始した。今後は、国内グループ約60社の経理システムを共通化する予定である。

PAGE TOP