[市場動向]

シスコ日本法人の新社長に、アジア地域CTOなどを務めたデイブ・ウェスト氏が就任へ

現社長の鈴木氏はアジアパシフィック地域全体を統括するプレジデントに

2018年7月17日(火)IT Leaders編集部

シスコシステムズ日本法人は2018年7月13日、同月30日付けで、デイヴ・ウェスト氏が代表執行役員 社長に就任すると発表した。現社長の鈴木みゆき氏は、日本を含めたアジア、オセアニア、中国の事業を統括するアジアパシフィック、ジャパン アンド グレーターチャイナの責任者(プレジデント)に昇格する。

 シスコシステムズの期末である7月末に日本法人の社長に就くデイヴ・ウェスト氏(Dave West、写真1)は就任後、アジアパシフィック地域全体を統括する鈴木みゆき氏にレポートする。ウェスト氏のLinkedInプロフィールによると、直近でエンタープライズ ネットワーク事業のグローバルセールスを統括。企業のデジタル変革サポートするために営業とソリューション、エンジニアリングにまたがる取り組みを推進してきたとある。

 この経歴からすると、営業やマネジメントが専門に思えるが、そうではないようだ。シスコによると、ウェスト氏は以前、アジアパシフィック・日本地域の最高技術責任者(CTO)や、企業ネットワーク、データセンター、セキュリティ、コラボレーションをまとめるアーキテクチャリーダー、シンガポール法人のCTOなどを務めた経験がある。

 ウェスト氏はシスコには18年在籍し、それ以前には米海兵隊で通信・ITに携わった経験もあるなど、むしろ技術畑の経歴が長いリーダーである。LPWA、5Gはもとよりセキュリティも含めて技術進化は急ピッチなだけに、シスコ製品のユーザーにとってもアーキテクチャや技術に強い人材のトップ就任は歓迎すべき話だろう。

写真1:シスコ日本法人の社長に就くデイヴ・ウェスト氏。“技術畑”のビジネスリーダーである
関連キーワード

Cisco Systems

関連記事

Special

-PR-

シスコ日本法人の新社長に、アジア地域CTOなどを務めたデイブ・ウェスト氏が就任へシスコシステムズ日本法人は2018年7月13日、同月30日付けで、デイヴ・ウェスト氏が代表執行役員 社長に就任すると発表した。現社長の鈴木みゆき氏は、日本を含めたアジア、オセアニア、中国の事業を統括するアジアパシフィック、ジャパン アンド グレーターチャイナの責任者(プレジデント)に昇格する。

PAGE TOP