[新製品・サービス]

日本オラクル、PaaS基盤の自律運用に注力、運用管理や可用性対策などを自動化

2018年7月18日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本オラクルは2018年7月18日、データベースサーバーやWebアプリケーションサーバー、データ連携ミドルウェアなどのアプリケーション開発・実行基盤をクラウド型で提供するサービス群「Oracle Cloud Platform」の昨今の強化点として、運用管理などを自律化していると発表した。自律化のコンセプトを「Oracle Autonomous Cloud Platform」と呼んでいる。

 Oracle Cloud Platformは、オンプレミス向けのミドルウェアをクラウドでも利用できるようにするなど、オンプレミスと同様のアプリケーション開発・実行基盤として利用できるようにしたクラウドサービスである。データベース管理システムのOracle Databaseをクラウド化しているほか、アプリケーション開発・実行環境やデータ分析環境、運用管理機能など、各種のサービスをクラウド型で提供している。

図1●Oracle Cloud Platformを構成する個々のクラウドサービスの自動化・自律化に取り組んでいる(出所:日本オラクル)図1●Oracle Cloud Platformを構成する個々のクラウドサービスの自動化・自律化に取り組んでいる(出所:日本オラクル)
拡大画像表示

 昨今では、これまでシステム管理者が手作業であたっていた、運用管理・監視作業やセキュリティ対策、高可用性の確保などについて、自動化・自律化を進めている。これらの運用管理を、クラウドシステムが自律的に行えるようにしている。こうした機能を、Oracle Cloud Platformを構成する個々のクラウドサービスに追加している。

写真1●Oracle Cloud Platformの自律化について説明する、日本オラクル クラウドプラットフォーム戦略統括ビジネス推進本部本部長の佐藤裕之氏写真1●Oracle Cloud Platformの自律化について説明する、日本オラクル クラウドプラットフォーム戦略統括ビジネス推進本部本部長の佐藤裕之氏
拡大画像表示

 自律化の取り組みの第1弾として、2018年3月に運用管理の自律化機能を追加したクラウド型のデータウェアハウス「Autonomous Data Warehouse Cloud」を提供した。その後、アプリケーション開発基盤、モバイルアプリケーション開発基盤、アプリケーション統合基盤、データ分析基盤、セキュリティ管理基盤、などの個々のクラウドサービスについても運用管理を自律化させている。

関連記事

Special

-PR-

日本オラクル、PaaS基盤の自律運用に注力、運用管理や可用性対策などを自動化日本オラクルは2018年7月18日、データベースサーバーやWebアプリケーションサーバー、データ連携ミドルウェアなどのアプリケーション開発・実行基盤をクラウド型で提供するサービス群「Oracle Cloud Platform」の昨今の強化点として、運用管理などを自律化していると発表した。自律化のコンセプトを「Oracle Autonomous Cloud Platform」と呼んでいる。

PAGE TOP