[市場動向]

NTT ComとNTTデータがサーバーワークスと資本提携、AWS使ったクラウドSI事業を強化

2018年7月18日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とNTTデータは2018年7月17日、AWS(Amazon Web Services)の導入サービスなどを手がけるサーバーワークスと資本業務提携すると発表した。提携により、AWSを活用したクラウド環境の構築力を強化する。

 サーバーワークスはAWSに特化したインテグレーションとサービスを手がけるクラウドインテグレーター(CIer)。AWS導入支援やAWS運用サービス、AWS自動化ツールを提供している。同社は2009年より、AWSに特化したインテグレーション事業を開始し、2014年には日本初のAWS Partner Network(APN)のマネージドサービスプロバイダーコンピテンシーを取得している。また、AWSのコンサルティングパートナーの最上位クラスAPNプレミアコンサルティングパートナーにも選定されている。

 今回の資本提携により、NTT ComとNTTデータの2社は、サーバーワークスの第三者割当増資に応じる形で、サーバーワークスの普通株式を一部取得する。

 2社は、今回の資本提携によって、AWSを利用したクラウド構築のSIサービスを強化する意向である。サーバーワークスとの間で、ノウハウやスキルの共有や人材交流なども実施する。

サーバーワークスの概要
会社名 株式会社サーバーワークス
所在地 東京都新宿区揚場町1番21号
設立 2000年2月
資本金 7160万円
代表者 代表取締役 大石良
事業内容 AWSに特化したインテグレーション事業とサービスの提供
関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / NTTデータ / サーバーワークス / CIer

関連記事

Special

-PR-

NTT ComとNTTデータがサーバーワークスと資本提携、AWS使ったクラウドSI事業を強化NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とNTTデータは2018年7月17日、AWS(Amazon Web Services)の導入サービスなどを手がけるサーバーワークスと資本業務提携すると発表した。提携により、AWSを活用したクラウド環境の構築力を強化する。

PAGE TOP