[事例ニュース]

富士急ハイランドがモバイル決済「WeChat Pay」を全エリアで導入、中国人観光客の売上増見込む

2018年7月19日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

中国の騰訊控股有限公司(英文名はTencent Holdings Limited)は2018年7月19日、中国で普及しているモバイル決済サービスの1つである「WeChat Pay」が、日本の遊園地「富士急ハイランド」の全エリアに導入されたと発表した。富士急ハイランドは、WeChat Payの導入によって言語や支払い手段の障害をなくし、中国人観光客の顧客体験を向上させる。

 富士急ハイランドは、遊園地の全エリアに、中国人向けのモバイル決済サービスであるWeChat Payを導入した。富士急ハイランドを訪れた中国人観光客は、チケットや土産物の購入から飲食にいたるまで、中国にいる時と同じように、スマートフォンで支払いができるようになる。WeChat Pay専用の無人レジ(導入検討中)を体験できるコーナーも設置する。

図1●富士急ハイランドでWeChat Payを使って支払いをする様子(出所:Tencent Holdings Limited)図1●富士急ハイランドでWeChat Payを使って支払いをする様子(出所:Tencent Holdings Limited)
拡大画像表示

 また、富士急ハイランド専用のWeChatアプリ内のアプリ「Mini Program」を開設する。アプリ内でeチケットを販売できるほか、アトラクションの待ち時間を確認できる。将来的には、WeChatアプリ内のアプリを介して、遊園地のツアーガイド機能や、カスタマイズした情報発信機能などの提供を予定している。

 WeChatは、世界で10億4000万人のアクティブユーザーがいるコミュニケーションアプリである。WeChatのサービスの1つでモバイル決済機能を提供するWeChat Payは、8億人以上のユーザーがいて、40を超える国で中国人観光客向けの決済サービスを提供している。日本では、ドン・キホーテや新千歳空港などが導入済み。富士急ハイランドはWeChat Payの導入により、中国人観光客の売上の増加を見込んでいる。

関連キーワード

WeChat

関連記事

Special

-PR-

富士急ハイランドがモバイル決済「WeChat Pay」を全エリアで導入、中国人観光客の売上増見込む中国の騰訊控股有限公司(英文名はTencent Holdings Limited)は2018年7月19日、中国で普及しているモバイル決済サービスの1つである「WeChat Pay」が、日本の遊園地「富士急ハイランド」の全エリアに導入されたと発表した。富士急ハイランドは、WeChat Payの導入によって言語や支払い手段の障害をなくし、中国人観光客の顧客体験を向上させる。

PAGE TOP