[事例ニュース]

新日鉄住金エンジニアリング、故障の検知・予測にIoTとAIを活用

2018年7月26日(木)IT Leaders編集部

新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は2018年7月25日、新日鉄住金エンジニアリング向けに、故障の検知・予測にIoTやAIを活用するシステム「IoXソリューション」を納入し、2018年4月から本格運用を開始したと発表した。

 新日鉄住金エンジニアリングは、新日鉄住金ソリューションズが提供する「プラント操業分析システム」、「ナレッジベースシステム」、「データ分析環境」を導入した。過去の運転実績を基に、運転データから非定常・異常を検知できる。工場の安定運転や保全を支援する。

 特徴は、故障の検知・予測にIoTやAIを活用することである。AIによって、設備保全を高度化できるとともに、安定した操業が可能になるとしている。

関連記事

Special

-PR-

新日鉄住金エンジニアリング、故障の検知・予測にIoTとAIを活用新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は2018年7月25日、新日鉄住金エンジニアリング向けに、故障の検知・予測にIoTやAIを活用するシステム「IoXソリューション」を納入し、2018年4月から本格運用を開始したと発表した。

PAGE TOP