デジタルマーケティング デジタルマーケティング記事一覧へ

[事例ニュース]

スマホで商品を撮影すると商品情報を表示、ゴディバ店舗が実証実験で効果を確認

2018年7月31日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズは、2018年5月7日から2018年6月15日にかけて、ゴディバ ジャパンの協力の下、スマートフォンで撮影した写真から商品をAI技術で認識して商品情報を照会する実証実験を行った。ゴディバ ジャパンの商品パッケージから商品情報を高精度に取得できることを確認したという。

 ゴディバ ジャパンは、全国の百貨店、ショッピングセンター、路面店等でチョコレート製品を販売している。昨今のITの進化にともない、デジタルマーケティングの推進が課題となっていた。今回、日立ソリューションズは、各業界のデジタルマーケティングを支援してきたノウハウを活かし、ゴディバ ジャパンの実店舗でAIを活用した商品情報照会の実証実験を実施した。

図1:AIでの画像認識からアプリケーションでの商品表示の流れ(出典:日立ソリューションズ)図1:AIでの画像認識からアプリケーションでの商品表示の流れ(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 実証実験を通じて、ゴディバ ジャパンの商品パッケージから商品情報を高精度に取得できることを確認したという。店舗スタッフがスマートフォン用アプリケーションで「サマーコレクション」や「ゴールドコレクション」といったチョコレートのパッケージを写真撮影すると、AIが画像情報から商品を認識し、データベース上の商品詳細情報をスマートフォンを使ってその場で表示する。

 利用した店舗スタッフからは「サービス向上に有用である」という意見が多く寄せられたという。特に、商品に使用しているアレルゲンを確認するニーズは多く、アプリケーションによる商品の詳細表示でアレルゲンの情報をすぐに確認できる点は非常に有効だという。

 システム構成として、Microsoft AzureのAIサービスであるCognitive Servicesの画像認識機能と、クラウド型の統合基幹業務ソフトであるDynamics 365を活用している。計画策定から機械学習、アプリケーションを含むシステム構築、レポート作成まで、約1カ月間で完了したという。

関連記事

Special

-PR-

スマホで商品を撮影すると商品情報を表示、ゴディバ店舗が実証実験で効果を確認日立ソリューションズは、2018年5月7日から2018年6月15日にかけて、ゴディバ ジャパンの協力の下、スマートフォンで撮影した写真から商品をAI技術で認識して商品情報を照会する実証実験を行った。ゴディバ ジャパンの商品パッケージから商品情報を高精度に取得できることを確認したという。

PAGE TOP