[新製品・サービス]

ISID、金融機関のRPAに向けてAI-OCRソフトの取り扱いを開始

2018年8月1日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

電通国際情報サービス(ISID)は2018年8月1日、手書きの文字をAIで認識可能なOCR(光学文字読み取り)ソフト「DX Suite(ディーエックス スイート)」の販売を開始すると発表した。金融機関に向けて、RPA(ロボットによる業務自動化)とAI-OCRを組み合わせて提供する意向である。DX Suiteの開発会社はAI inside。

 DX Suiteは、ディープラーニングを活用した画像認識技術と、文章の前後関係を判定する自然言語解析を組み合わせた、AI-OCRソフトである。従来のOCRでは読み取りが困難な手書きの書類や、読み取り時にズレや罫線などを含んだ画像についても、高精度に認識できるとしている。また、機密性の高い書類については、読み取る過程で情報を分離して匿名化して管理することもできる。

 ISIDは、金融機関向けのシステム構築を数多く手がけているほか、2017年からはRPAを活用して企業の業務の効率化を支援している。金融業務とRPAのウハウに今回AI-OCRを組み合わせることで、金融機関を中心に業務をより効率化できるようになるとしている。

 背景には、RPAの障壁として、紙で取り扱われることが多い契約書類やアンケート、会議資料などの存在がある。中でも、金融機関においては、融資や口座開設の申込書といった、手書きの定型書類を扱う業務が多い。これらを自動的かつ高精度にデジタル化する需要が高い。

 これまでもOCRを使って紙文書のデジタル化は行われてきたが、従来のOCRは読み込み精度が低く、全体的な業務効率化が進められないことが課題となっていたという。

関連キーワード

RPA / 電通国際情報サービス

関連記事

Special

-PR-

ISID、金融機関のRPAに向けてAI-OCRソフトの取り扱いを開始電通国際情報サービス(ISID)は2018年8月1日、手書きの文字をAIで認識可能なOCR(光学文字読み取り)ソフト「DX Suite(ディーエックス スイート)」の販売を開始すると発表した。金融機関に向けて、RPA(ロボットによる業務自動化)とAI-OCRを組み合わせて提供する意向である。DX Suiteの開発会社はAI inside。

PAGE TOP