[事例ニュース]

協和発酵キリン、人材管理クラウドのOracle HCM Cloudを導入

2018年8月3日(金)IT Leaders編集部

協和発酵キリンは、国内外のグループ会社の人材情報の一元管理、最適配置、人材マネジメントなどを強化する目的で、オラクルの人材管理クラウド「Oracle Human Capital Management (HCM) Cloud」を導入した。日本オラクルが2018年8月2日に発表した。

 協和発酵キリンは、事業を持続的に成長させていくために人材が非常に重要であると考え、Oracle HCM Cloudを導入した。今回の導入によって、グループ全体の人材情報を一元管理し、人材の可視化を実現した。これにより、人員配置転換を容易にするとともに、人材の確保や育成を効率化した。

 従来は、グループ間で異なるシステムを利用していた。Oracle HCM Cloudに統合することで、システム運用コストも軽減させた。

 Oracle HCM Cloud採用の決め手として、人材の確保や育成のプロセスを把握するための分析支援機能などの機能群、ERPソフト「Oracle E-Business Suite」とデータ連携などのの親和性が高いこと、今後予定している全世界のグループ展開に向けての拡張性の高さ、などを評価した。

 今回の導入では、エクサが、システム選定から構築、稼働にいたるまでをトータルで支援している。エクサには、協和発酵キリンにおけるシステム構築および運用の実績がある。Oracle E-Business Suiteなど人事領域のシステム導入経験が豊富としている。

関連記事

Special

-PR-

協和発酵キリン、人材管理クラウドのOracle HCM Cloudを導入協和発酵キリンは、国内外のグループ会社の人材情報の一元管理、最適配置、人材マネジメントなどを強化する目的で、オラクルの人材管理クラウド「Oracle Human Capital Management (HCM) Cloud」を導入した。日本オラクルが2018年8月2日に発表した。

PAGE TOP