開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[事例ニュース]

FFGがブロックチェーンで地域共通ポイント基盤を構築、アクセンチュアの基盤を採用

2018年8月3日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティングは、金融サービスの利用時などにポイントが貯まるポイントサービス「myCoin(マイコイン)」の基盤を、2018年秋をめどにブロックチェーンに置き換える。地域に共通するポイント基盤として運用できるようにするのが狙い。アクセンチュアのブロックチェーン基盤を利用する。

写真1:ふくおかフィナンシャルグループのデジタル戦略部iBank事業グループ長でiBankマーケティング代表取締役の永吉健一氏写真1:ふくおかフィナンシャルグループのデジタル戦略部iBank事業グループ長でiBankマーケティング代表取締役の永吉健一氏
拡大画像表示

 ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティングは、沖縄銀行、熊本銀行、親和銀行、福岡銀行の各銀行の公式アプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」を提供している。残高確認や収支管理などができる金融機能に加えて、クーポンやポイントを管理できる非金融機能を備えている。2016年のリリースから2年で50万ダウンロードを突破している。

 Wallet+で利用できる機能の1つが、ポイントサービスのmyCoinである。銀行が発行するデビットカードを使うごとにポイントが貯まる。さらに、各種キャンペーン(クーポンによるポイント還元)によってポイントが貯まる。貯まったポイントは、提携先ポイント(TポイントやPontaなど)と交換できるほか、口座への振替(換金)もできる。

 2018年秋に、ポイントサービスであるmyCoinの基盤をブロックチェーンに置き換える(図1)。デビットカード決済だけでなく、小売店での買い物でもポイントを付与できるようにするなど、地域で共通して使えるポイント基盤にするのが狙いである。ブロックチェーンの利用によって、ポイントを付与するやり方や、ポイントを利用する方法が柔軟になる。これにより、地域の経済が活性化する。

図1:銀行公式アプリのポイントサービス基盤をブロックチェーンに置き換え、地域共通のポイント基盤を狙う(出典:ふくおかフィナンシャルグループ、iBankマーケティング)図1:銀行公式アプリのポイントサービス基盤をブロックチェーンに置き換え、地域共通のポイント基盤を狙う(出典:ふくおかフィナンシャルグループ、iBankマーケティング)
拡大画像表示

 例えば、ポイントを発行する事業者は、ポイント自体の利用条件(特定の用途にしか使えないように制御する)や、ポイントの付与ルール(どんな条件を満たしたらポイントを付与するのか)を、柔軟に設定できるようになる。ポイントを利用する消費者は、他のポイントへの交換、ポイントの利用、他人へのポイントの送付、などが容易にできるようになる。

 まずは、基盤をブロックチェーンに置き換え、その後に、ブロックチェーンの特性(スマートコントラクト機能など)を活用したサービスを2018年内をめどに順次開始する予定である。2018年秋にバックエンドの基盤をブロックチェーンに置き換えた段階では、myCoinで利用できるサービスは変わらない。

ブロックチェーンをビジネスにつなぐハブサービスをアクセンチュアが提供

 ブロックチェーン基盤には、アクセンチュアが2018年8月24日に提供を開始したサービス「ブロックチェーン・ハブ」を採用する(図2)。世の中にある様々なブロックチェーンのエンジンを業務システムにつないで活用できるようにするハブとなる機能を提供するものである。

図2:アクセンチュアが提供を開始したサービス「ブロックチェーン・ハブ」の概要。複数のブロックチェーンエンジンを組み合わせ、ビジネスにつないで利用できるようにする(出典:アクセンチュア)図2:アクセンチュアが提供を開始したサービス「ブロックチェーン・ハブ」の概要。複数のブロックチェーンエンジンを組み合わせ、ビジネスにつないで利用できるようにする(出典:アクセンチュア)
拡大画像表示

 ブロックチェーン・ハブのポイントは4つある。(1)接続できるブロックチェーンエンジンが多いこと。(2)同時に複数のブロックチェーンエンジンをつないで連携させるマルチチェーン構成がとれること。(3)実運用で必要になるブロックチェーンの共通機能群を提供できること。(4)ビジネス同士をAPIで連携させるサービス「ACTS」などと連携させてビジネスの一部としてブロックチェーンを活用できること。

写真2:アクセンチュアでテクノロジーコンサルティング本部テクノロジーアーキテクチャグループマネジング・ディレクターを務める山根圭輔氏写真2:アクセンチュアでテクノロジーコンサルティング本部テクノロジーアーキテクチャグループマネジング・ディレクターを務める山根圭輔氏
拡大画像表示

 既存のブロックチェーンエンジンを組み合わせる背景には、市場には多くのブロックチェーンのエンジンがあり、日進月歩で変化しているという状況がある。「1種類のエンジンに特化し、ビジネスと密結合してしまうと、エンジンの変化に取り残されてしまう」(アクセンチュア)。

 アクセンチュアは、2017年11月に、ビジネス同士をAPIでつなぐハブとなるサービス「ACTS」を提供。2018年1月には、外部の様々なAI(人工知能)エンジンをつないで使い分けられるようにするハブとして「AI-HUB」を提供している。今回のブロックチェーン・ハブは、この流れを補完するサービスであり、契約や情報を組織間で安全につなぐためのハブとして提供する。

関連記事

Special

-PR-

FFGがブロックチェーンで地域共通ポイント基盤を構築、アクセンチュアの基盤を採用ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティングは、金融サービスの利用時などにポイントが貯まるポイントサービス「myCoin(マイコイン)」の基盤を、2018年秋をめどにブロックチェーンに置き換える。地域に共通するポイント基盤として運用できるようにするのが狙い。アクセンチュアのブロックチェーン基盤を利用する。

PAGE TOP