デジタルマーケティング デジタルマーケティング記事一覧へ

[新製品・サービス]

Appier、マーケティング自動化ツール「AIQUA」を提供、顧客の趣味やデバイスを把握

2018年8月7日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

Appierは2018年8月7日、MA(マーケティング自動化)機能を提供するクラウドサービス「AIQUA」(アイコア)を発表、同日提供を開始した。個々の顧客にあわせてWebコンテンツを出しわけたり、適切なタイミングで適切なデバイスに販促用のメッセージをプッシュ配信したりできる。

 AIQUAは、MA機能を提供するクラウドサービスである。同社が運営している広告配信サービス「Cross X」で蓄積したデータと、AIQUAが備えるAI(人工知能)機能を組み合わせることによって、顧客のターゲティングを実現する。「顧客を囲い込み、維持する」(Appier)ための機能群を提供する。

図1:AIQUAが提供するMA(マーケティング自動化)機能群の概要(出典:Appier)図1:AIQUAが提供するMA(マーケティング自動化)機能群の概要(出典:Appier)
拡大画像表示

 広告配信サービスで蓄積したデータなどを活用することで、Webサイトを初めて訪れた顧客に対しても、その顧客が興味を持っているコンテンツが何かが分かる。これにより、興味関心に合わせたコンテンツを表示できる。

 1人の顧客が使っている複数のデバイスを把握できる。これにより例えば、タブレットで商品を閲覧し、パソコンで商品カートに入れた顧客がいた場合、通勤途中の顧客のスマートフォンにメールやSMSやLINEなどを介してプッシュ通知して購入を促す、といったことができる。

 Appierは、顧客を深く理解するためのデータ分析ソフト「AIXON」も提供している(関連記事)。CRM(顧客関係管理)データや顧客のオンライン上の行動データを分析することによって、顧客が会員を離脱するかどうかや、7日以内に製品を購入するかどうかなどを予測できる。

関連記事

Special

-PR-

Appier、マーケティング自動化ツール「AIQUA」を提供、顧客の趣味やデバイスを把握Appierは2018年8月7日、MA(マーケティング自動化)機能を提供するクラウドサービス「AIQUA」(アイコア)を発表、同日提供を開始した。個々の顧客にあわせてWebコンテンツを出しわけたり、適切なタイミングで適切なデバイスに販促用のメッセージをプッシュ配信したりできる。

PAGE TOP