[事例ニュース]

日本カーソリューションズ、整備請求伝票の確認作業を機械学習で代替、効果を検証

2018年8月8日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本カーソリューションズ(NCS)は、NTTコムウェアと共同で、整備工場から上がってくる複雑な請求伝票の確認業務をAIが代行する「整備請求伝票の確認業務代行AI」の技術検証に成功したと発表した。年間百数十万件におよぶ整備請求伝票の確認業務の負荷を軽減し、整備工場に対して速やかに支払えるようになる。

 NCSは、オートリースを契約している企業や個人顧客に対して、車検・点検・整備を含むメンテナンスリースを提供している。これにともない、全国各地の提携整備工場から、年間百数十万件におよぶ整備請求伝票が上がってくる。車種の多様化が進む中で、メンテナンスの作業項目や作業時間、部品などが車種ごとに異なるため、整備請求伝票を確認する負荷が高まっている。

図1:整備請求伝票の確認業務代行AIの概要(出典:日本カーソリューションズ、NTTコムウェア)図1:整備請求伝票の確認業務代行AIの概要(出典:日本カーソリューションズ、NTTコムウェア)
拡大画像表示

 こうした背景から、膨大な整備請求伝票に対して、素早く正確な確認業務を継続するため、確認業務をAI(機械学習)に代替させることにした。NTTコムウェアとともに、過去の大量データを活用して「整備請求伝票の確認業務代行AI」の構築に向けて技術検証を実施した。

 技術検証では、過去の膨大な整備請求伝票と確認記録に対してデータマイニングを実施し、担当者のノウハウをパターン化し、出現頻度の高い確認パターンを機械学習で学習させ、担当者と同等の確認結果が得られるかを検証した。技術検証を通じて確認業務をAIに代行させた結果、高い再現性を確認できた。

 NCSとNTTコムウェアの両社は今後、今回検証した「整備請求伝票の確認業務代行AI」の全面実用化に向けて、業務代行として適用する範囲の見極めと検証を行い、高い精度であることを確認できた業務領域から順次実用化していく。

関連キーワード

機械学習

関連記事

Special

-PR-

日本カーソリューションズ、整備請求伝票の確認作業を機械学習で代替、効果を検証日本カーソリューションズ(NCS)は、NTTコムウェアと共同で、整備工場から上がってくる複雑な請求伝票の確認業務をAIが代行する「整備請求伝票の確認業務代行AI」の技術検証に成功したと発表した。年間百数十万件におよぶ整備請求伝票の確認業務の負荷を軽減し、整備工場に対して速やかに支払えるようになる。

PAGE TOP