[調査・レポート]

ハイパーコンバージド市場は2022年まで年平均20.6%で成長、IDC Japan調べ

2018年8月20日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

市場調査会社のIDC Japanは2018年8月20日、国内におけるコンバージド(垂直統合)システムの市場について予測を発表した。ハイパーコンバージドシステム(HCI)の支出額は2022年まで年平均20.6%で成長し、コンバージドシステム全体の50.8%を占めるようになる。

 IDC Japanは、コンバージドシステム市場の支出額を、(a)「インテグレーテッドインフラストラクチャ」、(b)「インテグレーテッドプラットフォーム」、(c)「ハイパーコンバージドシステム」の3つのセグメントに分けて調査した。

図1:国内コンバージドシステム市場予測 2017年~2022年(出典:IDC Japan)図1:国内コンバージドシステム市場予測 2017年~2022年(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 2017年は、(c)のハイパーコンバージドシステムが、2016年比で89.8%増と非常に高い成長を継続し、市場の成長を牽引した。2017年のハイパーコンバージドシステムの支出額は157億9900万円で、国内コンバージドシステム市場における構成比は30.3%となった。

 2017年の国内コンバージド(垂直統合)システム全体では、支出額は521億8700万円で、2016年と比べた成長率は22.9%だった。

 今後もハイパーコンバージドシステムが市場の成長を牽引する。ハイパーコンバージドシステムの2017年~2022年のCAGRは20.6%、2022年の支出額は402億3900万円になる。この結果、2022年の国内コンバージドシステム市場におけるハイパーコンバージドシステムの構成比は50.8%になる。

 2022年の国内コンバージドシステム全体では、支出額は792億6500万円で、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR)は8.7%になる。

 今回の発表は、IDC Japanが発行したレポート『国内コンバージドシステム市場予測、2018年~2022年』(JPJ42921618)で詳細を報告している。

関連キーワード

HCI

関連記事

Special

-PR-

ハイパーコンバージド市場は2022年まで年平均20.6%で成長、IDC Japan調べ市場調査会社のIDC Japanは2018年8月20日、国内におけるコンバージド(垂直統合)システムの市場について予測を発表した。ハイパーコンバージドシステム(HCI)の支出額は2022年まで年平均20.6%で成長し、コンバージドシステム全体の50.8%を占めるようになる。

PAGE TOP