[新製品・サービス]

データ探索型BIソフト「QlikView」の保守料30%上乗せで「Qlik Sense」も利用可能に

2018年8月21日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

クリックテック・ジャパンは2018年8月20日、アドホックBI(ビジネスインテリジェンス)ソフト「QlikView」の年間保守費用を30%上乗せすることによって、より簡単なBIソフト「Qlik Sense」も使えるようになるライセンスを発表した。QlikViewを使っているユーザーが、より安価にQlik Senseを併用できるようになる。2018年9月1日から提供する。

 前提となるQlikViewは、非定型でアドホックな分析に向いた、データ探索型のBIソフトである。一般的なBIソフトが分析軸の設計に重点を置くのに対し、QlikViewでは、生の詳細データをそのまま取り込んで正規化し、インメモリーで高速に検索/分析する。生データに対して直観的な思考でデータを検索する(表やグラフをクリックする)というやり方で、データに潜む業務上の課題を発見する。

図1:Qlik Senseの画面イメージ(出典:クリックテック・ジャパン)図1:Qlik Senseの画面イメージ(出典:クリックテック・ジャパン)
拡大画像表示

 もう一つのQlik Senseは、QlikViewよりも簡単に使えるようにしたBIソフトである。分析するデータの設定を含めて、業務部門のエンドユーザーがセルフサービス型で利用できる。ソフトウェアの住み分けとしては、QlikViewは、高度な分析を行うマーケティング担当者に向く。Qlik Senseは、現場の担当者に向く。

 今回、QlikViewユーザー向けのライセンスを拡張し、より安価にQlik Senseを併用できるようにした。具体的には、QlikViewの年間保守費用(QlikViewの永久ライセンスの販売価格の20%に相当)を30%上乗せすることによって、別途Qlik Senseを購入することなくQlik Senseを併用できるようになる。

 どちらかと言えばマーケティング担当者などに向いたQlikViewに、業務現場の担当者に向いたQlik Senseを容易に追加できることから、データ分析の活用場面を拡大できるとしている。データ分析を組織全体に拡張することで、社員のデータリテラシーが向上する。現在、QlikViewを利用している企業は3万社以上という。

 QlikViewとQlik Senseそれぞれの価格(税別)は、販売代理店の1社であるアシストの場合に、最小構成(5ユーザー)でQlikViewが250万2000円、QlikSenseが124万8750円。

関連記事

Special

-PR-

データ探索型BIソフト「QlikView」の保守料30%上乗せで「Qlik Sense」も利用可能にクリックテック・ジャパンは2018年8月20日、アドホックBI(ビジネスインテリジェンス)ソフト「QlikView」の年間保守費用を30%上乗せすることによって、より簡単なBIソフト「Qlik Sense」も使えるようになるライセンスを発表した。QlikViewを使っているユーザーが、より安価にQlik Senseを併用できるようになる。2018年9月1日から提供する。

PAGE TOP