[事例ニュース]

日機装、オンプレミスのSAP ERPをAWSに移行、システムを稼働させたままデータを転送

2018年8月21日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

主に血液透析用の医療機器を手がけている日機装のメディカル事業本部は、オンプレミスで稼働していた「SAP ERP」を、AWS(Amazon Web Services)に移行した。2017年9月からの3カ月間でAWS上に本番環境を構築してアプリケーションの動作テストを先行実施、2018年4月末までに全システムを移行した。移行プロジェクトを手がけたSIベンダーのNTTデータグローバルソリューションズ(NTTデータGSL)が2018年8月21日に発表した。

 ポンプ、航空機向け部品、血液透析装置などの製造・販売を手がける日機装。同社の主力部門の1つであるメディカル事業本部は、2013年にオンプレミス環境にSAP ERPを導入し、会計、販売、生産、購買管理のIT基盤として活用してきた。今回、ハードウェア保守契約が終了したことを機に、運用/保守の負担軽減や、簡単にCPUやメモリーなどのリソースを拡張できることを期待して、AWS環境に移行した。

 2017年9月からの3カ月間でAWS上に本番環境を構築してアプリケーションの動作テストを先行実施し、2018年4月末までに全システムを移行した。移行プロジェクトの期間中、SAP ERPのサービスは、移行本番時の3日間だけ停止。これ以外の期間は、システムを稼働させたまま、非同期でオンプレミス環境のデータをAWS上に転送した(図1

図1:日機装が行った、SAP ERPのAWS移行プロジェクトの構成図(出典:NTTデータグローバルソリューションズ)
拡大画像表示

 今回、SAP ERPをAWSに移行したことによる効果として、インフラ全体のパフォーマンスが向上した。例えば、夜間のバッチ処理が、従来の9時間から6時間に減った。朝の始業までに前日までの情報がデータウェアハウス(DWH)に反映されるようになり、実績レポートの出力や分析が可能になった。

 加えて、AWSのシンガポール地域にDRサイトを構築し、大規模障害や災害時のビジネス停止のリスクも軽減させている。

 なお、日機装のメディカル事業本部では、将来的に「SAP S/4HANA」への移行を検討している。

関連キーワード

日機装 / SAP / AWS / NTTデータグローバルソリューションズ / ERP / 製造

関連記事

Special

-PR-

日機装、オンプレミスのSAP ERPをAWSに移行、システムを稼働させたままデータを転送主に血液透析用の医療機器を手がけている日機装のメディカル事業本部は、オンプレミスで稼働していた「SAP ERP」を、AWS(Amazon Web Services)に移行した。2017年9月からの3カ月間でAWS上に本番環境を構築してアプリケーションの動作テストを先行実施、2018年4月末までに全システムを移行した。移行プロジェクトを手がけたSIベンダーのNTTデータグローバルソリューションズ(NTTデータGSL)が2018年8月21日に発表した。

PAGE TOP