[新製品・サービス]

RPAテクノロジーズ、人事労務ロボットと会計監査ロボットを提供、パソナテックと連携

2018年8月23日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

RPAテクノロジーズは2018年8月22日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトをクラウド型で運用できるサービス「BizRobo! DX Cloud」において、人事労務分野の業務をこなせるRPAロボットを提供すると発表した。2018年10月から提供する。

 IT/エンジニアリング分野に特化した人材サービス/アウトソーシングを手がけるパソナテックと連携し、人事労務分野の業務をこなせるRPAロボットを開発した。これを、クラウド型のRPAサービスであるBizRobo! DX Cloudで提供する。

 RPAロボットの第1弾として、人事労務分野のペイロール業務を自動化できるRPAロボットと、会計監査部門の業務を自動化できるRPAロボットを提供する。RPAロボットは、同分野の様々な業務を学習しており、実務能力が備わっているという。

 今後も、人事労務、会計監査だけでなく、各種の業界・業種のニーズに応じて、汎用業務に対応できるRPAロボットを順次提供する。

 なお、クラウド型のRPAサービスであるBizRobo! DX Cloudは、RPAの運用に必要なソフトやコンテンツを一括して提供するクラウドサービスである。サーバー型RPAソフト「BasicRobo」の運用機能を、ユーザー企業ごとに用意したプライベートクラウド上に構築する。従量課金式で利用できる。

関連記事

Special

-PR-

RPAテクノロジーズ、人事労務ロボットと会計監査ロボットを提供、パソナテックと連携RPAテクノロジーズは2018年8月22日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトをクラウド型で運用できるサービス「BizRobo! DX Cloud」において、人事労務分野の業務をこなせるRPAロボットを提供すると発表した。2018年10月から提供する。

PAGE TOP