[新製品・サービス]

トランスコスモス、コンタクトセンターで音声認識サービスを提供

2018年8月24日(金)IT Leaders編集部

トランスコスモスは2018年8月23日、同社が提供するコンタクトセンターサービスにおいて、音声認識サービス「transpeech」を8月から提供開始したと発表した。音声認識環境の導入から運用までを一貫して提供し、品質向上と業務効率化を支援する。販売目標は、2018年度中に30社。

 transpeechの音声認識エンジンには、パートナー企業であるアドバンスト・メディアの「AmiVoice」を採用した。トランスコスモスのコンタクトセンター運用ノウハウと組み合わせることで、ユーザー企業の要望や運用視点で抽出した課題に対応する。AmiVoiceの大規模な利用環境を用意することで、初期構築にかかる費用を削減し、導入期間を短縮することが可能だ。

 サービス開始に当たっては、専任部署を発足した。ユーザー企業の要望や運用視点で抽出した課題への対応、オペレーションの現場に定着する音声認識環境の導入を支援する。

ユースケースの例
リスクマネジメント 通話解析とナレッジ支援により、クレームなどの早期発見やトーク遵守の注意喚起をすることで、トラブルや誤案内などのリスクを抑止する
クオリティコントロール 独自指標とBIダッシュボードにより、全コールの評価とパフォーマンスの実態を可視化することで、オペレーター1人ひとりの品質向上施策を支援する
コストセービング 問い合わせ分析と会話テキスト活用により、後処理時間を適正化する。また、都度のシステム導入が不要になることで、コストを抑えて導入できる
関連記事

Special

-PR-

トランスコスモス、コンタクトセンターで音声認識サービスを提供トランスコスモスは2018年8月23日、同社が提供するコンタクトセンターサービスにおいて、音声認識サービス「transpeech」を8月から提供開始したと発表した。音声認識環境の導入から運用までを一貫して提供し、品質向上と業務効率化を支援する。販売目標は、2018年度中に30社。

PAGE TOP