[新製品・サービス]

感情に合わせたフォントで文章を表示、DNPがチャット画面などに組み込めるシステムを開発

2018年8月24日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

大日本印刷(DNP)は2018年8月24日、文章の内容や感情に応じてフォントを自動的に判別して表示する「DNP感情表現フォントシステム」を開発したと発表した。SDK(ソフトウェア開発キット)またはWebサービスの形で提供する。チャットボットやSNS、デジタルサイネージなどを開発・運営する企業に向けて提供する。

 DNP感情表現フォントシステムは、文章の内容や感情に応じて適切なフォントで表示する仕組みを提供するシステムである。文章に含まれる言葉や絵文字の意味を解析して、文章を12種類の感情に分類し、それぞれに適したフォントで表示する。不安や喜びなどの感情に合ったフォントで表示する。

図1:DNP感情表現フォントシステムを採用したチャット画面の例(出典:大日本印刷)図1:DNP感情表現フォントシステムを採用したチャット画面の例(出典:大日本印刷)
拡大画像表示

 機能は、システムに組み込むためのSDK(ソフトウェア開発キット)の形か、テキストを渡すとフォント指定付きのテキストが返ってくるWebサービスの形で利用できる。チャットボットやSNS、デジタルサイネージなどを開発・運営する企業は、SDKやWebサービスを利用することで、エンドユーザーに見せる文書のフォントを、文書の内容に合わせて自動的に変更できる。

 背景には、声のトーンや表情が直接伝わる会話と比べて、文字によるコミュニケーションは送り手の意図や気持ちが伝わりにくいという課題がある。

図2:文章を12種類の感情に分類し、それぞれに適したフォントで表示する(出典:大日本印刷)図2:文章を12種類の感情に分類し、それぞれに適したフォントで表示する(出典:大日本印刷)
拡大画像表示
関連記事

Special

-PR-

感情に合わせたフォントで文章を表示、DNPがチャット画面などに組み込めるシステムを開発大日本印刷(DNP)は2018年8月24日、文章の内容や感情に応じてフォントを自動的に判別して表示する「DNP感情表現フォントシステム」を開発したと発表した。SDK(ソフトウェア開発キット)またはWebサービスの形で提供する。チャットボットやSNS、デジタルサイネージなどを開発・運営する企業に向けて提供する。

PAGE TOP