[新製品・サービス]

VMware Cloud on AWS、米国/欧州に加えアジア太平洋リージョンでも提供開始

2018年8月27日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヴイエムウェアは2018年8月27日、米国で8月26日に発表した報道資料の抄訳として、VMware Cloud on AWSを、これまでの米国と欧州に加えて、新たにアジア太平洋地域(シドニー)リージョンで提供開始したと発表した。さらに、最小構成時の価格を半減させるなど、VMware Cloud on AWSにいくつかのアップデートを施した。

 VMware Cloud on AWSは、米VMwareのパートナー企業が販売するIaaS型のクラウドサービスである。AWS(Amazon Web Services)のデータセンターに用意したベアメタルサーバー上でVMwareの仮想化ソフト群を動作させ、これをマネージド型(運用サービス付き)のクラウドサービスとしてVMwareが販売するものである。

 従来、VMware Cloud on AWSを提供していたエリアは、AWSの米国と欧州のリージョンに限られていた。今回、提供エリアを拡大し、日本からみてより近いアジア太平洋地域(シドニー)リージョンでも提供を開始した。

 米VMwareは、アジア太平洋地域で提供することを発表すると同時に、VMware Cloud on AWSの最新アップデート情報も発表した。

 例えば、最小構成を変更し、3ホスト構成から利用できるようにした。また、期間限定で3ホスト構成を2ホスト相当の価格で提供することにより、結果として従来のエントリー価格の半額で利用を開始できるようにした。

 CPUコア数のカウント手法を刷新し、必要とするCPUコア数を指定できるようにした。これにより、Oracle DatabaseやSQL ServerなどのようにCPUコア単位で課金するライセンスの費用を削減できるようになるとしている。

関連記事

Special

-PR-

VMware Cloud on AWS、米国/欧州に加えアジア太平洋リージョンでも提供開始ヴイエムウェアは2018年8月27日、米国で8月26日に発表した報道資料の抄訳として、VMware Cloud on AWSを、これまでの米国と欧州に加えて、新たにアジア太平洋地域(シドニー)リージョンで提供開始したと発表した。さらに、最小構成時の価格を半減させるなど、VMware Cloud on AWSにいくつかのアップデートを施した。

PAGE TOP