[市場動向]

NEC、米国の生体認証システム企業Tascentに出資

2018年8月28日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年8月27日、グローバルでのセーフティ事業を拡大するため、米国の生体認証システム企業Tascent(タシェント)に出資し、同社株式を取得すると発表した。株式の取得完了時期は2018年8月末を予定している。背景には、マルチモーダル生体認証に対する需要が急速に拡大しているという状況がある。虹彩認証市場についても大幅な成長が見込まれている。

 Tascentの設立は2015年。虹彩認証を中心としたマルチモーダル生体認証システムを提供している。遠隔から高速・正確・高品質に虹彩の画像を取得する光学制御技術や、生体情報の正確な取得のために利用者をスムーズに誘導するUI技術などを持つ。これらを活用した製品を、世界各国の空港や政府機関、企業などが使っている。

 NECは今回の出資により、Tascentとの事業連携を強化する。具体的には、同社の光学制御技術やUI技術と、NECの様々な生体認証エンジンを組み合わせて、虹彩認証を活用したマルチモーダル生体認証システムを共同で開発し、パブリックセーフティ市場を中心に提供していく。

 NECは、2020年度までの3カ年の中期経営計画「2020中期経営計画」において、セーフティ事業をグローバルでの成長エンジンに位置付けている。今後も自社でのコア技術や製品サービスの開発を推進するとともに、協業やM&Aを通じて新たな顧客基盤、デリバリリソース、コア技術、ビジネスモデルを獲得するとしている。

関連記事

Special

-PR-

NEC、米国の生体認証システム企業Tascentに出資NECは2018年8月27日、グローバルでのセーフティ事業を拡大するため、米国の生体認証システム企業Tascent(タシェント)に出資し、同社株式を取得すると発表した。株式の取得完了時期は2018年8月末を予定している。背景には、マルチモーダル生体認証に対する需要が急速に拡大しているという状況がある。虹彩認証市場についても大幅な成長が見込まれている。

PAGE TOP