[新製品・サービス]

IPアドレス管理「phpIPAM」を日本語化、デージーネットがPowerDNSサポートサービスで提供

2018年8月30日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

オープンソースを活用したシステム構築やコンサルティングを手がけるデージーネットは2018年8月30日、オープンソースのIPアドレス管理ソフト「phpIPAM」のWebインタフェースを日本語化したと発表した。2018年9月3日から、オープンソースのDNSサーバーソフト「PowerDNS」の商用サポートに追加して提供する。

 phpIPAMは、OSSのIPアドレス管理ソフトである。IPアドレスの台帳をWebアプリケーション型で利用できる。ネットワークをスキャンして応答があったホストを登録することができるので、管理者が把握していない機器も検知して登録できる。登録した情報は、使用中のIPアドレスの一覧や使用率のグラフとして表示できる。

画面1:IPアドレス管理ソフト「phpIPAM」のWeb画面(出典:デージーネット)画面1:IPアドレス管理ソフト「phpIPAM」のWeb画面(出典:デージーネット)
拡大画像表示

 デージーネットは今回、phpIPAMのWebインタフェースを日本語化した。これにより、より使いやすくした。同社が有償で提供しているPowerDNSのサポートサービスに追加する形で提供する。

 PowerDNSは、オープンソースのDNSサーバーソフトである。Bindなどの他のDNSサーバーソフトよりも簡単に使えるとしている。phpIPAMと組み合わせると、phpIPAMで管理しているIPアドレスとホスト名の情報を、phpIPAMのWebインタフェースを介してPowerDNSに反映できる。

 PowerDNSのサポートサービスの価格(税別)は、サーバー1台で年額30万円。

関連記事

Special

-PR-

IPアドレス管理「phpIPAM」を日本語化、デージーネットがPowerDNSサポートサービスで提供オープンソースを活用したシステム構築やコンサルティングを手がけるデージーネットは2018年8月30日、オープンソースのIPアドレス管理ソフト「phpIPAM」のWebインタフェースを日本語化したと発表した。2018年9月3日から、オープンソースのDNSサーバーソフト「PowerDNS」の商用サポートに追加して提供する。

PAGE TOP