[新製品・サービス]

Dell EMC、無線LAN製品の工事・設定サービスをパック化、NTTフィールドテクノが提供

2018年8月31日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

デルとEMCジャパンは2018年8月31日、会見を開き、無線LAN製品を簡単に導入できるように導入支援サービスと組み合わせて提供するプログラムを同日付けで開始したと発表した。会見ではまた、Dell EMCのネットワーク製品群の基本戦略として“オープンネットワーキング”を掲げ、ソフトとハードを分離して自由に組み合わせられるようにするといった施策に注力していることをアピールした。

 無線LANアクセスポイント「Dell EMC Networking Aerohive」の関連サービスとして、設置工事や設定を代行する導入サービスを新たに提供する。NTTフィールドテクノと提携し、NTTフィールドテクノによる導入サービスを、デルとEMCジャパンが販売する形になる。無線LANアクセスポイント1台を設置して設定する費用(税別)は、6万9525円から(アクセスポイントの料金は含まない)。

図1:NTTフィールドテクノが提供する無線LAN製品の導入・保守サポートサービスのメニュー。デルとEMCジャパンは導入サービスを再販する(出典:デルとEMCジャパン)図1:NTTフィールドテクノが提供する無線LAN製品の導入・保守サポートサービスのメニュー。デルとEMCジャパンは導入サービスを再販する(出典:デルとEMCジャパン)
拡大画像表示

 無線LANアクセスポイントの導入サービスを提供する背景には、デルのパソコンを購入したユーザーを中心とした全国の中堅中小企業のユーザーから、「無線LANの導入に際して、きめ細かい納入・設定サービスの提供をしてほしい」というニーズが大きいという状況がある。この需要に応えるメニューを標準化した。

 NTTフィールドテクノは、今回の提携に合わせて、導入サービス(設置工事と、設定)だけでなく、オプションで導入後の保守サービスも提供する。通信がつながらなくなった際の障害の切り分けと復旧代行などのサービスを年額制で提供する。このうち、デルとEMCジャパンを通じて販売するのは導入サービスだけであり、保守サービスはNTTフィールドテクノがユーザーに販売する。

x86サーバー同様、ネットワーク機能もオープンにする

 会見ではまた、Dell EMCのネットワーク製品群の基本戦略として、“オープンネットワーキング”を掲げていることを説明した。

図2:デルとEMCジャパンが取り組むオープンネットワーキングの概要(出典:デルとEMCジャパン)図2:デルとEMCジャパンが取り組むオープンネットワーキングの概要(出典:デルとEMCジャパン)
拡大画像表示

 同社は、ソフトとハードを自由に組み合わせられるx86サーバー機と同様に、ネットワーク機器もソフトとハードを自由に組み合わせられるようにするべきだと主張する。こうしたネットワークの姿を同社は“オープンネットワーキング”と呼ぶ。

写真1:Dell EMC ネットワーク事業部シニアシステムズエンジニアの佐々木亮氏写真1:Dell EMC ネットワーク事業部シニアシステムズエンジニアの佐々木亮氏
拡大画像表示

 オープンネットワークを推進する柱として同社は、ネットワーク仮想化ソフトのVMware NSX、ホワイトボックス型スイッチ(汎用的なハードウェアスイッチに、様々なネットワークOSを自由に組み合わせて使うスイッチ)、制御プレーンとデータプレーンの分離、などを挙げる。

 オープンネットワーキング構想を発表したのは2014年1月のこと。このタイミングで、ネットワークスイッチ構築用のLinux OSである「Cumulus Linux」の再販契約を、米Cumulus Networksとの間で交わした。同時に、Cumulus Linuxを搭載できるスイッチとして「S4810」を発表した。

 2016年1月には、自社開発のネットワークOS「OS10」を発表した。同社が開発しているオープンソースのネットワークOS「Open Switch」にサポートサービスを付与したもので、上位エディションのEnterprise EditionではDell EMCのソフトウェアスタックを追加している。

 現在では、オープンネットワーキング2.0へと進化しているという。OS10のEnterprise Editionのようなフル機能のパッケージではなく、L3スイッチ機能やインターコネクト機能、MPLS機能など、用途別に必要な機能だけを選んで購入できるようにしている。

関連記事

Special

-PR-

Dell EMC、無線LAN製品の工事・設定サービスをパック化、NTTフィールドテクノが提供デルとEMCジャパンは2018年8月31日、会見を開き、無線LAN製品を簡単に導入できるように導入支援サービスと組み合わせて提供するプログラムを同日付けで開始したと発表した。会見ではまた、Dell EMCのネットワーク製品群の基本戦略として“オープンネットワーキング”を掲げ、ソフトとハードを分離して自由に組み合わせられるようにするといった施策に注力していることをアピールした。

PAGE TOP