[新製品・サービス]

日立Sol、複数のスマートフォン決済を利用できるマルチ決済サービス

2018年9月6日(木)IT Leaders編集部

日立ソリューションズは2018年9月5日、複数のスマートフォン決済を利用できるサービス「PointInfinity マルチ決済ゲートウェイ」を発表した。2018年10月1日に提供開始する。商業施設運営事業者、決済代行事業者、スマート決済向けPOS端末事業者などが対象。

 PointInfinity マルチ決済ゲートウェイは、台湾TURN CLOUD TECHNOLOGY SERVICESのキャッシュレス決済システム「O-Link」と、日立ソリューションズのポイント管理サービス「PointInfinity」を連携させたシステムである。ポイント管理とマルチ決済を可能にする。

図1:PointInfinity マルチ決済ゲートウェイの概要(出典:日立ソリューションズ)図1:PointInfinity マルチ決済ゲートウェイの概要(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 2018年10月1日時点では、中国の「Alipay」や「WeChatPay」を利用できる。次のステップでは、NTTドコモの決済サービス「d払い」も利用できるようにする。ユーザーの要望に応じて、決済機能だけを導入することも可能。国内のマルチポイントに対応したサービスにも適用できる。

 大規模小売店や商業施設、コンビニエンスストアなどを運営する企業は、個々のキャッシュレス決済ごとにインターフェースを構築する必要がなくなり、自社のポイント管理とともに、消費者の多様なキャッシュレス決済にも対応できるようになって、開発コストを低減できる。将来的には様々なポイントサービスにも対応可能になる。

 参考価格(税別)は、月額35万円(30万会員未満または月間取引件数100万件未満の場合)から。

関連記事

Special

-PR-

日立Sol、複数のスマートフォン決済を利用できるマルチ決済サービス日立ソリューションズは2018年9月5日、複数のスマートフォン決済を利用できるサービス「PointInfinity マルチ決済ゲートウェイ」を発表した。2018年10月1日に提供開始する。商業施設運営事業者、決済代行事業者、スマート決済向けPOS端末事業者などが対象。

PAGE TOP