[事例ニュース]

日本住宅パネル工業、人事システムを1カ月でOracle Cloudに移行

2018年9月6日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本住宅パネル工業協同組合は、人事システムをOracle Cloudに全面移行し、2018年7月に稼働させた。約1カ月の期間で移行した。あわせて、基幹システムのバックアップデータをOracle Cloudに格納する仕組みも導入した。今後は、基幹システムもOracle Cloudに移行する。日本オラクルが2018年9月6日に発表した。

 日本住宅パネル工業は、全国の建具、木工業者などで構成する全国規模の事業協同組合である。内装部材・部品の供給メーカーであるとともに、企画、設計、現場施工、アフターメンテナンスまで内装の関連サービスを総合的に提供する。

 日本住宅パネル工業は従来、社内システム(ポータル、会計、人事給与、販売、工事管理など)をオンプレミスのハウジング環境で利用し、システム専任部門はなく、他業務との兼任で運用管理を行ってきた。

 システム運用の課題として、日々の運用管理業務やサーバー更新の度に発生する機器調達や載せ換えのコストを抑え、この分を本来の業務に充てる必要があった。課題解決の手段として、パブリッククラウドへの移行を計画した。クラウド移行の第1弾として、国産ERPと他社製データベースで構成する人事システムのハードウェア基盤をOracle Cloudに移行した。

 日本住宅パネル工業によると、Oracle Cloudを採用したポイントの1つは費用の安さである。他社クラウド比で約50%の費用で利用できたという。メモリー容量も、より安価な価格で約2倍の容量が使えたとしている。導入も容易という。日本オラクルが開催するハンズオントレーニングへの参加やマニュアルの活用により、1カ月で移行した。

関連記事

Special

-PR-

日本住宅パネル工業、人事システムを1カ月でOracle Cloudに移行日本住宅パネル工業協同組合は、人事システムをOracle Cloudに全面移行し、2018年7月に稼働させた。約1カ月の期間で移行した。あわせて、基幹システムのバックアップデータをOracle Cloudに格納する仕組みも導入した。今後は、基幹システムもOracle Cloudに移行する。日本オラクルが2018年9月6日に発表した。

PAGE TOP