バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

アクロニス、クラウドストレージ付きのデータバックアップソフトを年額10万円で提供

2018年9月10日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アクロニス・ジャパンは2018年9月10日、中堅・中小企業向けデータバックアップソフトの新製品「Acronis Backup and Cloud Storage 500GB」を発表、同日提供を開始した。バックアップソフトに、バックアップデータを格納するためのクラウドストレージを組み合わせた。

 Acronis Backup and Cloud Storage 500GBは、中堅・中小企業向けのデータバックアップソフトである。最大の特徴は、バックアップデータを保存するためのクラウドストレージをセットで提供することである。パッケージ化によって購買手続きを簡略化している。

写真1:Acronis Backup and Cloud Storage 500GBのパッケージ(出典:アクロニス・ジャパン)写真1:Acronis Backup and Cloud Storage 500GBのパッケージ(出典:アクロニス・ジャパン)
拡大画像表示

 具体的には、データバックアップソフト「Acronis Backup 12.5」と、クラウドストレージ「Acronis Cloud Storage」(容量500Gバイト)を組み合わせた。これらを1年間のサブスクリプションライセンスとして提供する。製品は、ソフトバンク コマース&サービスを通じて販売する。

 背景には、BCP(事業継続計画)にとって、重要なシステムとデータを遠隔地にバックアップすることが不可欠となっている状況がある。バックアップデータをクラウドストレージに保存することにより、ランサムウェアや自然災害によるデータ消失のリスクを低減できる。

 製品は、バックアップ対象に応じて、サーバー向けライセンスと仮想環境向けライセンスの2種類を用意した。サーバー向けは、物理サーバー1台またはクラウド上の仮想サーバー1台が対象。仮想環境向けは、ハイパーバイザ(サーバー仮想化ソフト)1台分(この上で動作する仮想サーバーは無制限)が対象。価格(税別)は、サーバー向けと仮想環境向けが共通で、年額10万円。

 クラウドストレージの容量を追加で購入することもできる。追加する単位は、250G/500G/1T/2T/3T/4T/5Tバイトで、追加容量に制限はない。

関連記事

Special

-PR-

アクロニス、クラウドストレージ付きのデータバックアップソフトを年額10万円で提供アクロニス・ジャパンは2018年9月10日、中堅・中小企業向けデータバックアップソフトの新製品「Acronis Backup and Cloud Storage 500GB」を発表、同日提供を開始した。バックアップソフトに、バックアップデータを格納するためのクラウドストレージを組み合わせた。

PAGE TOP