[新製品・サービス]

日立製作所、アニーリングマシンをクラウドで無償提供、チュートリアルやデモプログラムも用意

2018年9月19日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所は2018年9月19日、“組み合わせ最適化問題”に特化したアニーリングマシンをクラウド経由で利用できるサービス「Annealing Cloud Web」を構築し、同日付けで無償で提供を開始したと発表した。

 Annealing Cloud Web(https://annealing-cloud.com/)は、日立製作所が開発した「CMOSアニーリングマシン」をクラウドを介して無償で提供するサービスである。アニーリングマシンの普及と、関連技術者の育成を狙う。また、利用者のフィードバックを活用してアニーリングマシンの性能向上につなげる。

図1:クラウド型計算サービス「Annealing Cloud Web」のサイト画像(出典:日立製作所)図1:クラウド型計算サービス「Annealing Cloud Web」のサイト画像(出典:日立製作所)
拡大画像表示

 Annealing Cloud Webを使えば、組み合わせ最適化問題の計算処理を効率的に実行できる。利用者は、交通渋滞の解消を目指した都市交通の最適化シミュレーションのような、アニーリングマシンを用いた最適化計算プログラムを開発できる。

 特徴の1つは、初心者でもアニーリングマシンを使えるように、豊富なチュートリアルを揃えたこと。アニーリングマシンの利用シーンを分かりやすく体感できるデモプログラムも同時に公開した。さらに、ソフトウェア技術者の育成に向けて、さまざまな問題のプログラムを開発できるWeb APIを提供予定である。

 なお、Annealing Cloud Webは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受けて日立製作所が開発した。

関連キーワード

アニーリング

関連記事

Special

-PR-

日立製作所、アニーリングマシンをクラウドで無償提供、チュートリアルやデモプログラムも用意日立製作所は2018年9月19日、“組み合わせ最適化問題”に特化したアニーリングマシンをクラウド経由で利用できるサービス「Annealing Cloud Web」を構築し、同日付けで無償で提供を開始したと発表した。

PAGE TOP