[事例ニュース]

NTTデータと成田空港、地磁気測位で空港内の位置を表示するアプリを配布

2018年9月20日(木)IT Leaders編集部

NTTデータと成田国際空港は2018年9月19日、成田国際空港ターミナルで利用可能な空港ナビゲーションアプリケーション「NariNAVI」を、2018年9月20日より配信すると発表した。地磁気(地球の磁場)測位を可能にする、高精度屋内位置情報サービスを活用しており、複雑な空港内を訪日外国人でも円滑に目的地へ移動できるように支援する。

 NariNAVIは、地磁気測位を使って、スマートフォン上の空港内地図にリアルタイムで現在位置を表示するアプリである。利用者はリアルタイムで現在位置を把握できる。地図表示では通常の2Dの地図に加え、複数のフロアにまたがる複雑な空港施設内を立体的に表現する2.5D地図を用意しており、訪日外国人などの利用者にとって直感的にわかりやすく、円滑に移動できるように支援する。

図1:「NariNAVI」現在地表示(左)と2.5D地図の画面イメージ(右)(出典:NTTデータ)図1:「NariNAVI」現在地表示(左)と2.5D地図の画面イメージ(右)(出典:NTTデータ)
拡大画像表示

 具体的には、建物内に分布する地磁気やBLEビーコンが発信する電波の情報を事前に収集して磁気マップを生成し、この磁気マップの情報とスマートフォンのセンサーで感知した情報を、比較・解析することで高精度な現在位置測位を実現する技術「高精度屋内位置測位技術」を活用している。

 高精度屋内位置情報サービスは、屋内空間における位置情報サービスを可能にする、屋内測位機能、スマートフォン向け地図配信機能を備えたクラウドサービスだ。ナビゲーションサービスをはじめとする、施設訪問者への案内サービス向上や、従業員の動線把握による業務効率化など、様々なアプリケーションでの位置情報の利活用が可能になる。

関連記事

Special

-PR-

NTTデータと成田空港、地磁気測位で空港内の位置を表示するアプリを配布NTTデータと成田国際空港は2018年9月19日、成田国際空港ターミナルで利用可能な空港ナビゲーションアプリケーション「NariNAVI」を、2018年9月20日より配信すると発表した。地磁気(地球の磁場)測位を可能にする、高精度屋内位置情報サービスを活用しており、複雑な空港内を訪日外国人でも円滑に目的地へ移動できるように支援する。

PAGE TOP