アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

ハンモックが帳票OCRに新版、レイアウトに依存せずキーワードでデータを取得可能に

2018年9月20日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ハンモックは2018年9月20日、紙の帳票を読み取ってデータ化するOCR(光学文字読み取り)ソフトの新版「AnyForm OCR Ver.5.1」を発表、同日販売を開始した。新版では、帳票を設計することなくキーワードベースでデータを抽出できる「キーワードOCR」機能を搭載した。2018年10月1日に出荷する。

 AnyForm OCRは、紙の帳票を読み取ってデータ化するOCRソフトである。独自の画像認識処理によって、明細行が増減する可変明細帳票も読みとることができる。

図1:キーワードOCR機能を搭載したAnyForm OCRの新版(出典:ハンモック)図1:キーワードOCR機能を搭載したAnyForm OCRの新版(出典:ハンモック)
拡大画像表示

 新版では、キーワードOCR機能を搭載した。帳票画像ファイルの中から、「注文番号」などの事前に登録した検索キーワードを認識し、これに続く文字列を項目の値として取得する機能である。

 キーワードOCR機能によって、帳票のレイアウトに依存することなく項目を認識できる。様々な帳票を読み取れるので、エンドユーザーが簡単かつ短期間にOCRを導入できるとしている。

 新版ではまた、項目ごとに適切なOCRエンジンを使い分けられるようにした。文字種に応じて選択できる。これにより、全体の文字認識精度を向上させられる。

 今回の新版にあわせて、これまでオプションとして販売していた「AnyForm 帳票自動振分」を、AnyForm OCRの標準機能にした。

 AnyForm 帳票自動振分では、OCR処理の前処理として、帳票に含まれるキーワードを使って帳票を識別して振り分ける。郵送されてきた帳票のように、FAX番号による振り分けなどの手段が使えないケースに有効である。

 価格(税別)は、機能上位の「AnyForm OCR Enterprise」が610万円から、機能下位の「AnyForm OCR Desktop」が200万円から。

関連キーワード

OCR

関連記事

Special

-PR-

ハンモックが帳票OCRに新版、レイアウトに依存せずキーワードでデータを取得可能にハンモックは2018年9月20日、紙の帳票を読み取ってデータ化するOCR(光学文字読み取り)ソフトの新版「AnyForm OCR Ver.5.1」を発表、同日販売を開始した。新版では、帳票を設計することなくキーワードベースでデータを抽出できる「キーワードOCR」機能を搭載した。2018年10月1日に出荷する。

PAGE TOP