[新製品・サービス]

スマホでAIと会話するだけでCRMに業務報告できるサービス、東芝デジタルソリューションズが開始

2018年9月20日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

東芝デジタルソリューションズは2018年9月19日、スマートフォンでAIと会話するように話すことで業務報告ができるサービス「RECAIUS 報告エージェント」を発表、同日提供を開始した。Salesforce.comなどのCRM(顧客関係管理)システムにデータを登録できる。価格(税別)は、1ユーザーあたり月額2400円。

 RECAIUS 報告エージェントは、スマートフォンなどのモバイル端末を使ってAIエージェントと会話するように話すことで業務報告ができるサービスである。

図1:報告エージェントの活用イメージ(出典:東芝デジタルソリューションズ)図1:報告エージェントの活用イメージ(出典:東芝デジタルソリューションズ)
拡大画像表示

 例えば、営業訪問後の隙間時間にAIエージェントに対して訪問先や商談内容などを話すと、AIエージェントが自動で内容を分類してCRMの各項目にデータを登録する。

 報告者が言い忘れた項目は、AIエージェントが聞き出してくれる。このため、報告漏れがなくなる。報告者は迅速な業務報告ができ、管理者は報告内容をタイムリーに確認できる。

 主な活用シーンは、商談記録などの営業日報や注文入力、保守点検での作業記録、ビルメンテナンスや警備業務での点検記録、介護記録や看護記録、などである。

 AIとのやりとりのルール(対話シナリオ)は、CRMの情報と連携して自動で生成する。報告してほしいCRMの項目を設定するだけで対話システムを作成できるため、ユーザー自身でAIエージェントを簡単に作成できる。

 CRMとしてSalesforce.comを使っている場合、Salesforce.comのAppExchange経由で専用アプリ「RECAIUSコネクト」を入手することで、データ連携用の初期構築なしに利用を開始できる。Salesforce.com以外のCRMと連携させるためには、CRM側にRECAIUS報告エージェントとAPI連携するための仕組みを開発する必要がある。

関連記事

Special

-PR-

スマホでAIと会話するだけでCRMに業務報告できるサービス、東芝デジタルソリューションズが開始東芝デジタルソリューションズは2018年9月19日、スマートフォンでAIと会話するように話すことで業務報告ができるサービス「RECAIUS 報告エージェント」を発表、同日提供を開始した。Salesforce.comなどのCRM(顧客関係管理)システムにデータを登録できる。価格(税別)は、1ユーザーあたり月額2400円。

PAGE TOP