[事例ニュース]

マルハニチロが工場のデータ統合管理基盤を刷新―キヤノンITSのAvantStageを採用

2018年9月25日(火)IT Leaders編集部

マルハニチロは、工場の生産管理システムを刷新し、キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)が提供する基幹業務ソリューション「AvantStage」を導入した。メインフレームの既存システムを、複数のパッケージソフトで構成されたオープン系システムにマイグレーションした。

 マルハニチロでは、直営の7工場における業務プロセスが統一されておらず、生産管理業務は紙やホワイトボード、エクセルなど多くが手作業で行われていた。頻繁に行るトラブルを分析した結果、生産計画立案、原料購買、在庫管理、製造実行、品質管理、損益管理、設備管理という7つの業務で発生していたことが判明、AIやIoTの導入による生産効率の向上や省人化を目指す中、スマートファクトリー化に踏み切った。

 新生産管理システムのコアシステムとして採用されたのが、キヤノンITSが提供するAvantStage。これは、各分野に特化した国産の業務系システムを組み合わせてBest of Breedとして提供する製造業向けの基幹業務ソリューションとなっている。

 基本的な組み合わせは、生産スケジューラのコンポーネントが専業ベンダーであるアスプローバの「Asprova」、需要予測、受給計画のコンポーネントがキヤノンITSの「FOREMAST」生産管理、原価管理、販売物流のコンポーネントが東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)の「mcframe」、会計、人事給与などバックオフィスのコンポーネントがスーパーストリームの「SuperStream-NX」で、システム間のデータ連携コネクターをキヤノンITSが開発している。

(図1)AvantStageの概要
拡大画像表示

 今回のマルハニチロは、直営の7工場の業務の標準化、生産現場のデジタル化、業務の見える化、そして各業務で起こるミスを防止することを目的に、全直営工場のデータを一元管理したデータ統合管理基盤としてAvantStageを導入する。そこでSuperStream-NXは採用せず、mcframe、Asprovaに、三鈴エリーの製造実行システム「QITEC」、設備管理システム「AMISYS」を加えてシステムを構成した。QITECとAMISYSは、マルハニチロのニーズに沿うように、各機能に優れた国産ソリューションとして採用されたもの。

(図2)マルハニチロが導入した新生産管理システムのシステム概要と導入規模
拡大画像表示
関連記事

Special

-PR-

マルハニチロが工場のデータ統合管理基盤を刷新―キヤノンITSのAvantStageを採用マルハニチロは、工場の生産管理システムを刷新し、キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)が提供する基幹業務ソリューション「AvantStage」を導入した。メインフレームの既存システムを、複数のパッケージソフトで構成されたオープン系システムにマイグレーションした。

PAGE TOP